2013-05-29
 視細胞の変性とタンパク質輸送の異常を関連づけるメカニズムを明らかにしたOIST研究者の論文が、発生生物学の専門誌Developmental Cellの表紙を飾りました。  国内から世界にいたる商品の流通に似て、細胞内でタンパク質を輸送するシステムが適切に機能しなければ、細胞の健康は維持できません。このタンパク質輸送を担うのは、細胞の世界でトレーラーや貨物列車、...
Type: プレスリリース
2013-05-23
BNip1はsyntaxin18 SNARE複合体のひとつとして、輸送小胞とターゲット膜との融合に働く。b-SNAPの機能低下によりSNARE複合体の解離が阻害されると、BNip1を介して視細胞にアポトーシスが誘導される。b-SNAPによるSNARE複合体の解離は、小胞融合に必須なステップなので、BNip1は小胞融合の異常を感知して細胞死を起こす“緊急停止ボタン(Emergency stop)”...
Type: 写真
Zebrafish (Danio rerio)
2013-05-23
Type: 写真
2013-05-23
発生生物学の専門誌Developmental Cell 2013年5月28日号(Vol. 25 No. 4)
Type: 写真
2011-05-20
コモンリソースグループ 山田真久研究統括による施設案内  5月18日(水)、神経発生ユニット代表研究者の政井一郎博士が年会会長を務める第44回日本発生生物学会年会の参加者の皆様がOISTを見学に訪れました。  ご参加いただいたのは、理化学研究所、北海道大学、東北大学、筑波大学、浜松医科大学、奈良女子大学、兵庫県立大学、琉球大学の代表研究者や大学院生、...
Type: Event Report
2011-05-06
  ...
Type: ニュース記事
2010-09-17
プレスリリース   神経発生ユニット 代表研究者 政井一郎博士 白内障治療につながる水晶体の繊維化の仕組みの一端を解明 〜かじまやーでもいっぺー見ぃゆん〜   眼球の水晶体は、上皮細胞が分化して繊維化した細胞から構成されています。この繊維化の過程を経て、核、ミトコンドリア、小胞体などの細胞内構造物が無くなり水晶体は透明化します。しかし、...
Type: プレスリリース
2008-02-24
遺伝学を使って発生の仕組みを探る 神経発生ユニット 代表研究者 政井一郎博士 2月25日 恩納村立山田中学校 2006年10月のユニット発足以来、学校での講義は初めてであったという政井博士。全校生徒およそ60 人を前に、かつて大学の授業で生物の体が遺伝子によって形成されることを学び、その神秘的な仕組みを解明したくて生物学を専攻したエピソードを紹介しました。また政井博士は、...
Type: Event Report
Subscribe to 神経発生ユニット (政井 一郎)