2014-06-13
 この度、ジュリア・クシュナッディノバ准教授が新設された錯体化学・触媒ユニットの代表としてOISTに着任しました。イスラエルのレホヴォトにあるワイツマン科学研究所でポスドク研究員として活躍してきた同教授は、再生可能エネルギーや触媒に利用する新しい遷移金属錯体の設計に取り組んでいます。  クシュナッディノバ准教授は米国メリーランド州カレッジパークにあるメリーランド大学で化学の博士号を取得しました...
Type: ニュース記事
Subscribe to 錯体化学・触媒ユニット (ジュリア・クスヌディノワ)