2017-04-17
   応力センサーは、強い力学的応力を受ける材料の頑健性を評価する際の重要なツールです。この度OIST研究員らは、組み込まれた材料に強い力学的応力がかかると発光強度が変化する新タイプのセンサー分子を...
Type: ニュース記事
2017-04-17
   応力が増すとポリマー材質は延伸され、それに伴いメカノフォアからの発光がより明るくなる。(ただしこの実験は紫外線下で行われているため、本来の色ではない)グラフは、ポリマーに引っ張り応力を断続的にかけていった際の光輝性密度を示している。
Type: ビデオ
2017-02-27
  光を出す化合物は、暗いところで光る子供用の玩具、LED、光を放つセンサーにいたるまで、様々な材料で使用されています。このような化合物の需要が増すにつれ、効率的に生成できる新たな方法が重要になっています。沖縄科学技術大学院大学(OIST)の錯体化学・触媒ユニット...
Type: ニュース記事
OIST錯体化学・触媒ユニットのジュリア・クスヌディノワ准教授(左)とギオルギ・フィロネンコ博士(右)
2017-02-27
OIST錯体化学・触媒ユニットのジュリア・クスヌディノワ准教授(左)とギオルギ・フィロネンコ博士(右)
Type: 写真
OISTの錯体化学・触媒ユニットにより、光輝性化合物で色づけられた沖縄シーサー。白と灰色で書かれた化合物の化学構造は、中央の環状構造における異なるサイズの置換基を表している。緑色の分子は最もサイズの大きい置換基を有し、黄色やオレンジ色の分子はより小さな置換基はを有する。
2017-02-27
OISTの錯体化学・触媒ユニットにより、光輝性化合物で色づけられた沖縄シーサー。白と灰色で書かれた化合物の化学構造は、中央の環状構造における異なるサイズの置換基を表している。緑色の分子は最もサイズの大きい置換基を有し、黄色やオレンジ色の分子はより小さな置換基はを有する。
Type: 写真
錯体化学・触媒ユニットでは、分子に追加された置換基の大きさによって光輝性の調整が可能な化合物を生成しました。一番左にある結晶は、最大の置換基を持っており、一番右にある結晶は最小の置換基を持っています。
2017-02-27
錯体化学・触媒ユニットでは、分子に追加された置換基の大きさによって光輝性の調整が可能な化合物を生成しました。一番左にある結晶は、最大の置換基を持っており、一番右にある結晶は最小の置換基を持っています。
Type: 写真
錯体化学・触媒ユニットが合成した光輝性化合物が紫外線の下で光を放つ様子
2017-02-27
錯体化学・触媒ユニットが合成した光輝性化合物が紫外線の下で光を放つ様子
Type: 写真
2016-07-06
   化学分野では、有機化合物であるアルコールやエステルの効率的な生成法を発見することが共通の課題となっています。これらの化合物は様々な工業用途につながる重要な原料となるからです。アルコールは医薬品や凍結防止剤など、医療分野や産業分野において多数の用途があります。また、エステルは、食品や香水に特有の風味や香りを加える香料として食品・化粧品業界で広く利用されています。...
Type: ニュース記事
エステル香
2016-07-06
Type: 写真
Subscribe to 錯体化学・触媒ユニット (ジュリア・クスヌディノワ)