錯体化学・触媒ユニットが合成した光輝性化合物が紫外線の下で光を放つ様子
2017-02-27
錯体化学・触媒ユニットが合成した光輝性化合物が紫外線の下で光を放つ様子
Type: 写真
2016-07-06
   化学分野では、有機化合物であるアルコールやエステルの効率的な生成法を発見することが共通の課題となっています。これらの化合物は様々な工業用途につながる重要な原料となるからです。アルコールは医薬品や凍結防止剤など、医療分野や産業分野において多数の用途があります。また、エステルは、食品や香水に特有の風味や香りを加える香料として食品・化粧品業界で広く利用されています。...
Type: ニュース記事
エステル香
2016-07-06
Type: 写真
2014-06-13
 この度、ジュリア・クシュナッディノバ准教授が新設された錯体化学・触媒ユニットの代表としてOISTに着任しました。イスラエルのレホヴォトにあるワイツマン科学研究所でポスドク研究員として活躍してきた同教授は、再生可能エネルギーや触媒に利用する新しい遷移金属錯体の設計に取り組んでいます。  クシュナッディノバ准教授は米国メリーランド州カレッジパークにあるメリーランド大学で化学の博士号を取得しました...
Type: ニュース記事
Subscribe to 錯体化学・触媒ユニット (ジュリア・クスヌディノワ)