2018-11-07
  ハロウィーンが終わり、街中のディスプレイは早くもクリスマス一色に変わりつつあります。暗闇の中で輝く装飾品の「ルミネッセンス」と呼ばれるこの不思議な輝きは、化学的および生化学的反応によるものだったり、材料中の電子が光を受けて、より高いエネルギー状態に励起されることで生じたりします。後者の発光は「フォトルミネッセンス」と呼ばれ、...
Type: ニュース記事
2018-01-16
  電子機器は日々小型化しています。 初期のコンピュータは、部屋いっぱいになるほど大型のものでしたが、現在では、手のひらサイズになっています。さらに分子エレクトロニクス分野では、次世代レベルの小型化を目指しています。研究者たちは、肉眼では見ることができないほど極小サイズの電子部品を作製しているのです。   分子エレクトロニクスはナノテクノロジー分野のひとつで、電子部品として...
Type: ニュース記事
2017-07-07
   二酸化炭素は温室効果ガスの一つとして知られ、気候変動の一要因です。これまで、科学者たちは大気中への二酸化炭素の排出を抑える方法を模索してきました。しかしここ数年、安価で手軽に手に入り、無害な炭素源である二酸化炭素を、優れた商品や付加価値製品へと変換する取組みが進められています。    例えば、二酸化炭素を水素ガスと反応させれば、...
Type: ニュース記事
2017-04-17
   応力センサーは、強い力学的応力を受ける材料の頑健性を評価する際の重要なツールです。この度OIST研究員らは、組み込まれた材料に強い力学的応力がかかると発光強度が変化する新タイプのセンサー分子を...
Type: ニュース記事
2017-04-17
   応力が増すとポリマー材質は延伸され、それに伴いメカノフォアからの発光がより明るくなる。(ただしこの実験は紫外線下で行われているため、本来の色ではない)グラフは、ポリマーに引っ張り応力を断続的にかけていった際の光輝性密度を示している。
Type: ビデオ
2017-02-27
  光を出す化合物は、暗いところで光る子供用の玩具、LED、光を放つセンサーにいたるまで、様々な材料で使用されています。このような化合物の需要が増すにつれ、効率的に生成できる新たな方法が重要になっています。沖縄科学技術大学院大学(OIST)の錯体化学・触媒ユニット...
Type: ニュース記事
OIST錯体化学・触媒ユニットのジュリア・クスヌディノワ准教授(左)とギオルギ・フィロネンコ博士(右)
2017-02-27
OIST錯体化学・触媒ユニットのジュリア・クスヌディノワ准教授(左)とギオルギ・フィロネンコ博士(右)
Type: 写真
OISTの錯体化学・触媒ユニットにより、光輝性化合物で色づけられた沖縄シーサー。白と灰色で書かれた化合物の化学構造は、中央の環状構造における異なるサイズの置換基を表している。緑色の分子は最もサイズの大きい置換基を有し、黄色やオレンジ色の分子はより小さな置換基はを有する。
2017-02-27
OISTの錯体化学・触媒ユニットにより、光輝性化合物で色づけられた沖縄シーサー。白と灰色で書かれた化合物の化学構造は、中央の環状構造における異なるサイズの置換基を表している。緑色の分子は最もサイズの大きい置換基を有し、黄色やオレンジ色の分子はより小さな置換基はを有する。
Type: 写真
錯体化学・触媒ユニットでは、分子に追加された置換基の大きさによって光輝性の調整が可能な化合物を生成しました。一番左にある結晶は、最大の置換基を持っており、一番右にある結晶は最小の置換基を持っています。
2017-02-27
錯体化学・触媒ユニットでは、分子に追加された置換基の大きさによって光輝性の調整が可能な化合物を生成しました。一番左にある結晶は、最大の置換基を持っており、一番右にある結晶は最小の置換基を持っています。
Type: 写真
Subscribe to 錯体化学・触媒ユニット (ジュリア・クスヌディノワ)