2019-04-12
還元剤を投入してからしばらくすると、溶液は濃い赤色に変わるが、ろ過して精製する必要がある。 これをもって純粋な最終生成物が得られる。 「今回の研究では、我々の開発した配位子を用いると、還元反応による複雑で望ましくない副反応が抑えられると同時に、金属が容易に還元できることが明らかとなりました。 今度は、非常に反応性の高い錯体が、酸素やその他の小分子とどのように反応するかを研究します。」
Type: 写真
2019-04-12
同じ還元剤使用前の、わずかに大きいサイズのニッケル(II)分子を含む別の溶液
Type: 写真
2019-04-12
還元剤を加えてから数秒後、黄色の溶液が褐色に変化。 この色の変化は分子間で反応が起きていることを意味する。 「色の変化を観察することは、還元反応によって分子構造が変化していることを確認するための、非常に面白い方法です。金属錯体は多種多様な色を示します。これは、私が大の化学好きである理由の1つです。」とセバスチャン・ラポインテさんはコメントしています。
Type: 写真
2019-04-12
左側の2つの粉末は、反応前のニッケル(II)分子で、右側の2つは反応後の最終的に生成されたニッケル(I)。 ニッケル(II)分子の色は、単純に配位子のサイズに基づいて変化する。赤色の錯体は、黄色の錯体よりも配位子のサイズが大きい。
Type: 写真
2019-04-12
錯体化学・触媒ユニットの博士課程学生であるセバスチャン・ラポインテさんが実験準備。 化学物質を空気から隔離するため、実験はグローブボックス内で行われる。
Type: 写真
2018-11-07
銅錯体のサイズが左から右に向かって大きくなるにつれ、動きが遅くなる。 銅錯体の動きを抑制することによって、発光効率が向上する。
Type: 写真
2018-11-07
研究者は、様々なアミノ基を有するリガンドを用いて銅錯体を構築した。(左から右に):N-メチル、N-イソブチル、N-イソプロピル、N-tert-ブチル。
Type: 写真
2018-11-07
  ハロウィーンが終わり、街中のディスプレイは早くもクリスマス一色に変わりつつあります。暗闇の中で輝く装飾品の「ルミネッセンス」と呼ばれるこの不思議な輝きは、化学的および生化学的反応によるものだったり、材料中の電子が光を受けて、より高いエネルギー状態に励起されることで生じたりします。後者の発光は「フォトルミネッセンス」と呼ばれ、...
Type: ニュース記事
2018-01-16
  電子機器は日々小型化しています。 初期のコンピュータは、部屋いっぱいになるほど大型のものでしたが、現在では、手のひらサイズになっています。さらに分子エレクトロニクス分野では、次世代レベルの小型化を目指しています。研究者たちは、肉眼では見ることができないほど極小サイズの電子部品を作製しているのです。   分子エレクトロニクスはナノテクノロジー分野のひとつで、電子部品として...
Type: ニュース記事
2017-07-07
   二酸化炭素は温室効果ガスの一つとして知られ、気候変動の一要因です。これまで、科学者たちは大気中への二酸化炭素の排出を抑える方法を模索してきました。しかしここ数年、安価で手軽に手に入り、無害な炭素源である二酸化炭素を、優れた商品や付加価値製品へと変換する取組みが進められています。    例えば、二酸化炭素を水素ガスと反応させれば、...
Type: ニュース記事
Subscribe to 錯体化学・触媒ユニット (ジュリア・クスヌディノワ)