2011-09-24
OISTのヘルミナ・ネデレスク(Hermina Nedelescu)研究員は、成体小脳内のプルキンエ細胞が密集した「ニューロンの森」の謎を解明するため、遺伝学、顕微解剖学、そして計算解剖学を組み合わせた研究を行っています。 プルキンエ細胞は、小脳に存在する大型のニューロン(神経細胞)です。長く伸びて樹枝状に分枝する「樹状突起」と呼ばれる構造を持ち、...
Type: ビデオ
2011-08-19
 エリック・デ・シュッター博士(計算脳科学ユニット代表研究者)らの研究論文が最新号のヨーロピアン・ジャーナル・オブ・ニューロサイエンスにフィーチャー記事として掲載されました。記事(英文)を読む
Type: ニュース記事
2011-06-15
クラウス・シュティーフェル博士による「綿密なニューロン構造のモデリング」レクチャー風景  6月13日(月)、OISTシーサイドハウスで沖縄計算神経科学コース(OCNC)2011が始まりました。計算脳科学ユニット代表研究者のエリック・デ・シュッター博士が中心となって開催されるこのコースでは、...
Type: ニュース記事
Subscribe to 計算脳科学ユニット (エリック・デシュッター)