2014-07-03
 ヒトの脳は、存在するもっとも複雑なコンピュータと言えます。脳の機能を解明しようと、科学者たちは何世紀にもわたり取り組んできました。近年、ようやく技術の進歩が追いつき、脳の機能を分子のレベルで把握できる時代がやってきました。沖縄科学技術大学院大学の計算脳科学ユニットでは、...
Type: ニュース記事
2014-07-03
左側: トゲ状の突起の数が異なる樹状突起をそれぞれ示している。分子が内部でどのように広がり、拡散するのか、トゲの数が多くなったときの違いを映像で見ることができる。 右側: トゲ内部の分子の分布状態が、トゲに取り込まれた分子を示す軸に対して数値化されたもの。この現象は異常拡散と呼ばれる。
Type: ビデオ
2014-07-03
上部左:モデリングされた神経細胞の詳細。細胞の外部構造、カルシウム(黄色)を内包する細胞内膜系(小胞体)、カルシウムチャネルの開口に関わるタンパク質(青、明るい赤紫色、暗い赤紫色)が示されている。 他の部分:カルシウムやタンパク質の動きと活性を個別に観察できる。 下部中央:モデリングが進行する間、リアルタイムで数値データを追うことができる。
Type: ビデオ
2014-06-25
ウェイリアン・チェン博士
Type: 写真
2014-06-25
複雑な細胞構造の一例。開発されたツールキットを用いてモデリングが可能となった。
Type: 写真
2013-10-29
 脳のニューロンは化学的・電気的に互いに情報を伝達しています。化学物質の伝達によってニューロン間のつながりが強まったり、弱まったりし、また、電気的なシグナル伝達によって脳全体にはりめぐるニューロンに瞬時に伝達を行うことが可能となっています。こうした過程は複雑に作用し合い、学習や記憶に関係しています。この度、OIST計算脳科学ユニットのイアン・ヘップバーン技術員と同ユニットに所属していたハルーン・...
Type: ニュース記事
変動的な電位・カルシウム分布
2013-10-29
シミュレーションを行った、プルンキエ細胞樹状突起の様々な電位(上)とカルシウム(下)分布。横列は電位とカルシウム分布の変化を表し、縦列はトライアルごとの違いを表す。当初は電位・カルシウム分布のパターンは類似しているが、確立性による影響で時間が経つにつれトライアル間の違いが著しくなる。
Type: 写真
2013-10-29
プルンキエ細胞の樹状突起バーストの電位及びカルシウム流入の比較
Type: ビデオ
2013-04-12
 「さわらぬ神にたたりなし」とことわざにありますが、科学技術が急速な進歩を遂げる現代においては、特に科学の分野において、時には従来の方法を見直してみることが大切です。沖縄科学技術大学院大学(OIST)計算脳科学ユニットのシウェイ・フアン研究員と...
Type: ニュース記事
シウェイ・フアン研究員とマリルカ・ヨエ・ウーシサーリ研究員
2013-04-12
シウェイ・フアン研究員(右)は計算脳科学ユニット、マリルカ・ヨエ・ウーシサーリ研究員(左)は光学ニューロイメージングユニットに所属しています。
Type: 写真
蛍光神経細胞
2013-04-12
この画像はシウェイ・フアン研究員とマリルカ・ヨエ・ウーシサーリ研究員がFrontiers in Cellular Neuroscienceに掲載された論文で紹介した加温解剖法と、一般に用いられる光遺伝学技術を組み合わせたもので、光遺伝学技術では神経細胞の遺伝子が蛍光を発するように操作され、長時間にわたって神経活動を研究することが可能です。
Type: 写真
温かいか冷たいか?
2013-04-12
シウェイ・フアン研究員とマリルカ・ヨエ・ウーシサーリ研究員がFrontiers in Cellular Neuroscience に掲載された論文で紹介した、氷冷(青)および加温(赤)調製法で調製した、古い組織の脳薄片。星印(*)は見える神経細胞を示します。左の画像には健全な神経細胞は全く見えませんが、右の画像には7細胞目視できます。略語:PN=プルキンエ細胞層、ML=分子層、GrC=顆粒細胞層...
Type: 写真
Subscribe to 計算脳科学ユニット (エリック・デシュッター)