2020-09-14
細胞膜は、イオンと呼ばれる荷電粒子が細胞の内外に不均等に分布しているため、膜を横切る電圧を持っている。ニューロンは、チャネルやポンプを介して膜を横切るイオンを往復させることができ、それが膜の電圧を変化させる。発火の速いプルキンエ細胞は、発火の遅い細胞よりも膜の電圧が高い。
Type: 写真
2020-09-14
プルキンエ細胞の集団が急速に発火すると、同期が緩くなる。これは一定間隔で発生する集団スパイクにより観察できる(黄色の楕円形で表示)。プルキンエ細胞の発火が遅い場合、このような同期は発生しない。
Type: 写真
2020-09-14
沖縄科学技術大学院大学(OIST)計算脳科学ユニットの研究により、ある重要な脳細胞のユニークな特性を、コンピュータモデルが再現して説明可能なことが初めて明らかになりました。...
Type: プレスリリース
2018-08-08
  科学には占いなどに見られる「魔法の水晶玉」のような便利な物はありません。予知や予測は、研究者が実験から集めたデータをすべて詳細に観察することで行われます。 ところが神経生物学の分野では、指の単純な動きから深い哲学的な思索までを制御する神経細胞が観察対象となるため、正確に測定するのが困難です。   そこで登場するのが、シミュレーションモデルです。...
Type: ニュース記事
2018-08-07
論文著者のエリック・デシュッター教授(左)とユンリャン・ザン博士
Type: 写真
2018-06-27
計算モデルによって作成されたプルキンエ細胞による登上繊維への電位上昇に対する反応(左から右)を示す図。 赤色は、樹状突起の信号伝達の反応の増加または「トゲ状の隆起」を示す
Type: 写真
2018-03-28
平行プルキンエ線維細胞を示す電子顕微鏡画像。 シナプス前細胞である平行繊維は赤色、 シナプス後細胞であるプルキンエ細胞は緑色で示されている。
Type: 写真
2018-03-28
エリック・デ・シュッター教授とアンドリュー・ガリモア博士が、小脳の学習における分子機構を計算モデル化。  
Type: 写真
2018-03-28
学習とは、ある意味ニューロン間の信号伝達の強弱の調節機能をもつ分子ダイアルを介したバランスであると考えられ、 2つのニューロン結合が強化された長期増強(LTP)と、 2つのニューロンの結合が弱まった長期抑圧(LTD)が存在するこの大規模かつ包括的なモデルを使用すれば、複雑な信号システムがどのように連携しているかを調べられるようになる。
Type: 写真
2018-03-26
  私たちが学習と呼ぶプロセスは、オーケストラの素晴らしい演奏による交響曲のように、何千もの分子レベルでの反応が合わさったものです。しかしながら分子反応における正確な相互作用のほとんどは、不明のままです。この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らは 、感覚入力を受信し、随意運動を調整する小脳における学習の分子機構の計算モデルを構築しました。  「本モデルは、...
Type: ニュース記事
2017-03-24
   実際のニューロンを研究対象とする実験系の神経科学者とは異なり、神経計算科学者は、シミュレーションモデルを使用して脳の機能を調べます。多くの神経計算科学者たちがニューロンの簡素化された数学モデルを使用する中、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の計算脳科学ユニット...
Type: ニュース記事
Subscribe to 計算脳科学ユニット (エリック・デシュッター)