2021-09-17
スイス連邦工科大学チューリッヒ校の研究チームは、密閉した水槽内に乱流を発生させ、繊維の動きを追跡した。本画像は、プレスリリース「ファイバートラッキング(繊維追跡法) で乱流の重要な新事実が判明」の関連画像です。
Type: 写真
2021-09-17
研究チームは、乱流に繊維を投入してシミュレーションを行った。繊維の動きから流体の流れの情報を得ることができた。本動画は、プレスリリース「ファイバートラッキング(繊維追跡法) で乱流の重要な新事実が判明」の関連動画です。
Type: ビデオ
2021-09-17
さまざまな規模で発生する乱流の渦。本画像は、プレスリリース「ファイバートラッキング(繊維追跡法) で乱流の重要な新事実が判明」の関連画像です。
Type: 写真
2021-09-17
本研究のポイント 乱流は、ランダムかつカオス的であり、様々な規模で発生するため、計測が困難であることで知られている。 本研究では、トレーサー粒子ではなく、繊維を用いて新たな乱流計測方法を開発した。 本計測方法をコンピューターシミュレーションと実験の両方で検証した。 さまざまな長さの繊維を用いてさまざまな規模の乱流を計測した。 最小の繊維の動きから、...
Type: プレスリリース
2021-08-26
本研究のポイント: 研究チームは、咳などの乱流パフが、異なる環境でどのように振る舞うかを説明する新モデルを構築し、スーパーコンピュータによるシミュレーションで、モデルの検証を行った。 15℃以下の環境では乱流パフの浮力が大きく、より遠くまで移動することを示す新たな力学的挙動を発見した。 今回の研究成果によって、乱流や環境が新型コロナウイルスSARS-Cov-...
Type: プレスリリース
2021-08-24
Physical Review Lettersに掲載された論文で、マルコ・エドアルド・ロスティ准教授は大きな乱流と小さな乱流が混在する流体パフを研究しました。
Type: 写真
Subscribe to 複雑流体・流動ユニット (マルコエドアルド・ロスティ)