2019-03-10
OISTフォーラム2019では、プラスチック製品の使用を極力避けることを目指しました。お皿には、石灰石から作る株式会社TDBのLIMEX製品が使用されました。
Type: 写真
2019-03-10
OISTからは、微生物を使って排水を処理し、中小企業の課題や世界の水問題への解決策を提案する研究チーム、手のひらサイズのマイクロ流体デバイスで、簡単に血液や尿などの検査ができるよう器具の開発に励んでいる研究チーム、そして、粉状プロテインを固形にする技術を開発し、近く起業を目指しているチームがそれぞれピッチを行いました。
Type: 写真
2019-03-10
 2019年3月5日(火)に東京神田明神ホールで行われたOISTフォーラム2019のテーマは、「”Deep Tech”が進化させる社会」。200名を超える企業人、起業家、研究者や学生の方々と共に日本におけるディープテックを考え、推進していくきっかけとなるイベントでした。  まずは来場者同士が自己紹介するアイスブレークにより会場の熱気が高まったところで、左藤章内閣府副大臣、...
Type: ニュース記事
2019-03-10
「ディープテックがより社会と接続していくために、エンタメ業界などに見習い研究者を魅力的にするために、ディープテックに注目が集まるような映画やドラマを作ればいいのでは」とアイデアを出す佐々木紀彦氏(写真左)。(株式会社ニューズピックスChief Content Officer)
Type: 写真
2019-03-10
投資家としての立場から、「研究者には、輝け、と伝えたい。視野の広い投資家は、コネクター(組織の垣根を越えてさまざまなキーパーソンを繋げる人)として、世界中の輝く研究を、ファイナンスやマーケティング、契約の得意な人たちと繋げている。」と述べた。(株式会社ユーグレナ取締役副社長/リアルテックファンドファウンダー)
Type: 写真
2019-03-10
ディープテックエコシステムを社会全体で盛り上げるために、「大学を魅力的にする必要がある。OISTのように、若くて優秀な外国人教員を採用し、文化的多様性を高めたり、垣根のない学術分野の融合が大切。」と言う仁木勝雅氏。(株式会社ディープコア代表取締役社長)
Type: 写真
2019-03-10
「こんなにたくさんの多様な分野の方がディープテックに興味をもって集まった。皆さんがディープテックへの理解を深めて、今日からアクションを取っていただければ日本は変わる。」と述べた高橋祥子氏。(株式会社ジーンクエスト代表取締役)
Type: 写真
2019-03-10
モデレーターを務めた株式会社ニューズピックスChief Content Officer の佐々木紀彦氏が、会場から寄せられた質問を混ぜながら、日本のディープテック起業で見られる課題をどのように解決していくのか、パネリストに問いかけました。
Type: 写真
2019-03-10
ディープテックとは、ディープな科学研究にもとづき、時間がかかり、投資額が巨額で、そして開発したものが当初想定されていなかった用途となり、さらに、世の中を深く変えるようなものである、と定義した中島徹氏。これまでの日本のディープテック分野での成功要因を振り返りつつ、これから日本のディープテックを育てるために、スタートアップと大企業と大学がうまくコラボレーションし、...
Type: 写真
2019-03-10
OIST量子波光学顕微鏡ユニットを率いる新竹積教授は、本来の専門は加速器物理学。子どもの頃から開発に励み、大学に入って論理を学んだことなどを紹介し、技術開発には、経験に基づく強い判断力、何が必要で何が不要かを見抜きスピードに乗って走るリズム感、そして情熱が必要だと、教授自身が考える技術開発の極意をシェアしました。
Type: 写真
2019-03-10
OISTの特徴を紹介し、OISTスタートアップ・アクセラレーター・プログラムや新しくできたインキュベーション施設など、OISTが進めるイノベーション・エコシステム構築の取り組みを紹介し、沖縄への注目を促したOIST首席副学長 ロバート・バックマン博士。
Type: 写真
2019-03-10
「日本のベンチャー・エコシステムを育むには、大企業は各自のアセットの解放とM&Aで支援していくことが重要。大学には、学内に数多く眠っているディープサイエンス系のシーズを発掘し成長させること、企業が個別に持っている知識やデータの集約基盤としての役割を担うことに期待している」と産業界を代表し意見を述べた泉谷直木氏(日本経済団体連合会審議員会副議長/起業・中堅企業活性化委員長/...
Type: 写真
Subscribe to コミュニケーション・広報課