2011-04-01
  去る3月29日(火)、(独)沖縄科学技術研究基盤整備機構(OIST)は、機構のシーサイドハウスにおいて、中学生・高校生や一般の方々を対象に、映画を鑑賞し、サイエンスについて語り合う「サイエンス・フィルムショー」を開催しました。このイベントには地元恩納村や近隣市町村から30名の方々にお越しいただき、映画「レナードの朝」の上映に先立ち、...
Type: ニュース記事
2011-03-30
去る3月29日(火)、(独)沖縄科学技術研究基盤整備機構(OIST)は、機構のシーサイドハウスにおいて、中学生・高校生や一般の方々を対象に、映画を鑑賞し、サイエンスについて語り合う「サイエンス・フィルムショー」を開催しました。このイベントには地元恩納村や近隣市町村から30名の方々にお越しいただき、映画「レナードの朝」の上映に先立ち、OISTコモンリソースグループ統括の山田真久博士が、...
Type: ニュース記事
2011-03-03
脳内ではニューロンという名の細胞がイオンと神経伝達物質を利用しお互いに伝達し合う。また、もう一つの細胞であるグリア細胞(神経膠細胞)がニューロンをいろんな形でサポートしている。 この映像では研究者によりイメージ化された細胞内のカルシウムにより、脳内の電気活動がわかり易く見ることができる。高速の明るい光はニューロンによって作り出されたもの、...
Type: ビデオ
2010-06-10
行動の脳機構ユニットの引間卓弥博士がJPS優秀論文賞を受賞しました。 引間博士は2009年4月に東北大学からOISTに移り、研究活動を行っています。 授賞式は5月に開催された...
Type: ニュース記事
2008-03-11
行動の脳機構 行動の脳機構ユニット 代表研究者 ゴードン・アーバスノット博士 3月12日 昭和薬科大学附属高等学校 アーバスノット博士の講義は医学系か薬学系への進学を志望する80名の学生を前に、今年の世界脳週間 (Brain Awareness Week) にちょうど重なるかたちで開催されました。スコットランド出身の同博士。講義は、...
Type: Event Report
Subscribe to 行動の脳機構ユニット (ゴードン・アーバスノット)