2020-10-07
沖縄科学技術大学院大学(OIST)の生物物理理論ユニットの新研究によると、生物の挙動は、天気や惑星の運動などの物理現象と同じ数学的法則に従っている可能性があるといいます。 物理学には、分子からブラックホールの衝突まで、さまざまなスケールの運動を予測し、...
Type: プレスリリース
2020-10-07
二重振り子には二つのパーツがある。最初は予想通りに揺れていても、その動きは不規則になりがちで、モデル化するのは難しい。
Type: 写真
2020-03-27
私たちの体内に潜む病気や異物を検知したり、栄養源や毒素の場所を探知することのできる能力はすべて、細胞を取り巻く多種の化学物質の「カクテル」と、これらの化学物質を「読む」細胞の能力によって決まります。 細胞というのものは、非常に敏感です。実際に、私たちの免疫システムはたった1つの異質な分子またはイオンの存在に反応することができます。 しかし、細胞がこのような高い感度をどうやって得ているのかは、...
Type: ニュース記事
2020-03-26
Type: 写真
2019-01-29
肉眼では、線虫 C. elegance は、前進(左図)、後退(右図)、旋回(真ん中の図)の動きをしているように見える。 動的システムをモデル化する新しい方法により、OIST理論生物物理学ユニットとアムステルダム自由大学の研究者らは、それぞれの動きにおける微妙な差異を明らかにした。
Type: 写真
2019-01-29
OIST理論生物物理学ユニットとアムステルダム自由大学の研究者らは、話し言葉を音素に分解する時のように、線虫 C. elegance の複雑な動きをよりシンプルな構成要素に細分化する局所線形解析を行った。一番上のビデオは線虫の動作の一部を示しており、これが逆方向、旋回、前進の動きに分けられる(下図参照)
Type: ビデオ
2019-01-29
  動物の行動を研究する科学者にとって、最もシンプルな神経回路をもつ線虫であっても、その行動を理解するのは大変困難な作業です。這いまわる虫、群がる鳥、歩行する人間の動きは、刻一刻と変化し、全てを裸眼で捉えることは不可能です。しかしこの度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)とアムステルダム自由大学の研究者らは、この動的なふるまいを、理解可能な動きの集合体ごとに解析する方法を開発しました...
Type: ニュース記事
2016-03-28
 この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)のグレッグ・スティーブンズ准教授(アジャンクト)政井 一郎准教授が、...
Type: ニュース記事
同期中の脳
2013-03-12
グレッグ・スティーブンズ准教授およびプリンストン大学の研究仲間は、2人の人が話をするときに2人の脳の活動が同期すると、コミュニケーションが効率化されることを示しました。イメージ:Lauren Silbert
Type: 写真
2013-03-12
スティーブンズ准教授は、体長1 mmほどの透明な虫、線虫(C. elegans)の行動パターンについて研究しています。同准教授は、プリンストン大学の研究仲間と共に、C. elegansの動きの高分解能ビデオを直接解析し、線虫が動くときに体をくねらせる形はすべて、基本的に4つのプロトタイプとなる形の組み合わせによって説明できることを発見しました。また、これらのプロトタイプ形状を用いて、...
Type: ビデオ
2013-03-12
 これまで物理学者たちは長きにわたり物質およびエネルギーの本質や特性を巨大な宇宙規模と極微の陽子規模で説明することのできる普遍の法則を探し求めてきました。しかし、比較的最近まで、DNAの構造や人間の思考の本質のような複雑な生物系は未踏の領域でした。  OISTに新たに立ちあがった理論生物物理ユニット...
Type: ニュース記事
Subscribe to 理論生物物理ユニット (グレッグ・スティーブンズ)