2018-04-18
分子のレンガ構造は繊維状の分子の足場に支えられるため、足場がない場合に比べ、分子構造を9倍高くすることができる。
Type: 写真
2018-04-18
OISTのイメージングセクションのメンバーと、本研究に貢献した生体模倣ソフトマターユニット所属のOIST博士学生。左から右へ:佐々木敏雄、湯川幸江、シジン・ザン、宮澤薫一。
Type: 写真
2018-04-18
ペプチド分子は、ナノファイバーと呼ばれる細長い構造が自己集合して分子の「足場」を形成する。安息香酸分子は自己集合してシート状のナノ構造を形成し、互いに重ね合わされて分子の「レンガ」を形成する。足場の助けを借りて、この分子のレンガは分子の塔を形成する。
Type: 写真
2018-04-18
  高層住宅を建てるには、足場を使用する必要があります。沖縄科学技術大学院大学(OIST)のイェ・ジャン准教授らは、建設現場でのこの手法をラボの研究に適用しています。しかしながら、住宅建設とは大きく違う点が一つあります。それは、研究対象がたった数十億分の一平方メートルというナノサイズであることです。   ナノテクノロジーにおいて、ナノ材料を基本の建築材料のごとく使用し、...
Type: ニュース記事
2017-06-23
光線力学療法により脳腫瘍細胞を死滅させる。
Type: 写真
2017-06-23
  光線力学療法は、その特異的な作用機序から脳腫瘍の治療にしばしば用いられています。光線力学療法はガン細胞を含む領域に対して局所的に作用でき、周囲の正常な細胞を傷つけません。光線力学療法は、血中に光感受性物質と呼ばれる薬剤を注射することで、細胞内に薬剤が取り込まれます。その後、薬剤が集積した細胞に光を照射します。...
Type: ニュース記事
2017-06-23
F98は脳腫瘍細胞、A375、HeLaおよびA549はそれぞれ皮膚がん、子宮頸がん、肺がん細胞を示している を。実線はタウリン修飾型ルテニウム錯体で細胞を処理した結果を示している。10分間の光線照射の後、すべてのがんに対するタウリン修飾型ルテニウム錯体を処理し10分間光照射を行うと、細胞の生存率が大きく下がり、その効果は脳腫瘍細胞において最も顕著であった。...
Type: 写真
2017-06-23
体内に取り込まれたルテニウム錯体は、腫瘍細胞リソソームに集積する。リソソームはすべての細胞内にある袋状の器官である。レーザー光線などの光源によりで錯体を活性化し、活性酸素を発生させる。この活性酸素が腫瘍細胞をネクローシス、あるいはアポトーシスにより死滅させる。
Type: 写真
2017-05-19
   従来の化学は、非常に多様で複雑、かつ微細な化学分子を生成するという点においては、非常に強力なツールです。 しかし従来の化学で不可能なのが、巨視的規模の大きな分子構造の合成で、これには膨大な量の化学物質に加え、精巧で複雑な技術が必要となります。これを達成するために科学者らは、分子が自発的に集まって自己組織化し、球状、筒状、その他様々なの形状を生み出す化合物を活用しています...
Type: ニュース記事
2017-02-10
   概要     この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究員らは、がん細胞において活性化している細胞遊走(細胞の移動運動)を阻害する新しい技術を開発しました。Cell Press社の化学ジャーナルである...
Type: プレスリリース
Subscribe to 生体模倣ソフトマターユニット (イェ・ジャン)