アリのコロニー(群れ)
2012-12-19
Type: 写真
Odontomachus simillimus
2012-07-12
ハリアリ亜科の一種であるこのアリ (画像参照)は、驚くほど早い速度で下顎を閉じて獲物を捕らえることで知られています。また、この強力な武器となる顎を地面に打ち付け、勢いよくジャンプすることによって外敵から逃れます。生物多様性・複雑性研究ユニットのアダム・バネット・ラザルス技術員は、OISTのキャンパス付近の森林で同種のアリの群れ(コロニー)を複数発見しました。撮影:Eli M. Sarnat,...
Type: 写真
Pheidole pegasus
2012-07-09
オオズアリ属の稀な種として、2008年に発見されました。この種は、太平洋諸島の2つの小島でのみ確認されています。その肥大したとげ状突起の機能は解明されていませんが、オオズアリ属の進化の過程で数回にわたり独自に進化してきました。エコノモ准教授らは、これらの変化が生態学的戦略の変化にどのように関係するのかを研究しています。撮影:Eli M. Sarnat, AntWeb
Type: 写真
2012-07-08
 この度OISTに発足した生物多様性・複雑性研究ユニットのメンバー達は、6月20日に第2研究棟の稼働が開始されたことに格別の思いがありました。なぜなら彼らはその数週間前にOISTに着任して以降、図書室の中で作業していたからです。...
Type: ニュース記事
Strumigenys nidifex: この種はフィジー諸島にのみ見られますが、強い大顎を持ち、これを用いて落ち葉の中の獲物を狩ります
2012-07-06
この種はフィジー諸島にのみ見られますが、強い大顎を持ち、これを用いて落ち葉の中の獲物を狩ります。撮影:Eli M. Sarnat, AntWeb
Type: 写真
Subscribe to 生物多様性・複雑性研究ユニット (エヴァン・エコノモ)