2015-11-12
 今日の物理学者の大きな目標のひとつに、自然界の力を「大統一理論」に統一させることがあります。大統一理論は、より優雅でより包括的な手法で宇宙を表現することを可能にするでしょう。この理論を完成させるには、磁気モノポールを探し出してその性質を詳しく調べることが重要です。磁気モノポールとは、N極とS極を両方持っている通常の磁石とはちがってどちらか一方の磁荷、つまりN極またはS極だけを持つもののことです...
Type: ニュース記事
2015-11-02
 ヘリウムと言えば、色とりどりの風船をふくらますヘリウムガスが頭に浮かびますが、それだけではありません。ヘリウムは量子科学者にとって、物質に隠された最も謎めいた特性を解き明かすために必要とされる物質でもあります。この度、沖縄科学技術大学院大学のデニス・コンスタンチノフ准教授率いる国際研究チームがヘリウムを使った実験をおこない、電子が圧縮性を失う状態を発見しました。これは、...
Type: ニュース記事
2015-10-16
 この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)のジョナサン・ドーファン学長が、 デービッド・ヒトリン博士、スティーブ・オルセン博士、髙﨑史彦博士と共に、2016年パノフスキー賞を受賞しました。...
Type: ニュース記事
2015-08-06
 世界的なエネルギー需要を解決する特効薬はありません。しかし、電気エネルギーを自己持続性のある化学反応からそのまま活用する燃料電池は、化石燃料よりも安価な代替エネルギーとなる可能性が見込まれています。  燃料電池で起こるエネルギー転換をより促進するために、研究者たちは「貴」金属と呼ばれる特別な金属、例えば金や銀、プラチナなどでできたナノ粒子を電極の表面に分散します。このような貴金属は、...
Type: ニュース記事
2015-03-31
   接近してくる台風の破壊力を正確に予測できれば、事前の対策のあり方が大きく変わり、その結果、人命の安全確保にも影響します。しかし進路予測に比べ台風の強度の予測技術は、気候科学において過去数十年間にわたりあまり進歩してきませんでした。    この度沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らは、現在の予測モデルでは考慮されていない台風のある側面が、...
Type: ニュース記事
2015-03-18
 沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者たちは、ミクロンサイズの単一粒子を光で制御するためのより強力な方法を実証しました。  粒子を操作する光マイクロファイバーやナノファイバーの分野はこの10年間で拡大していき、物理学や生物学の世界で有望な用途がたくさんあります。ほとんどの研究は、「基本モード」として知られる光の基本プロファイルを用いたこの技術の利用に重点を置いています。OISTの光・...
Type: ニュース記事
2015-02-12
 沖縄科学技術大学院大学(OIST)のマイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットによる新たな研究は、溶かしたワックス(蝋)の液滴を冷却液中に滴下し、様々な非球状粒子を作製する方法を対象にしています。本手法を物理学的に掘り下げることで、様々な非球形の形状が生み出される原理が説き明かされた上で再現可能となり、多くの産業用途への応用が期待されます。科学誌 ...
Type: ニュース記事
2015-01-05
 沖縄科学技術大学院大学のナノ粒子技術研究ユニットでは、微小粒子に、より特定の性質を与える新たな製造技術を絶えず研究しています。彼らは、ナノ粒子のサイズと化学的組成を制御する方法を開発するなかで、今回、その結晶化度を制御する方式、またはナノ粒子内部で原子が整列する方式を発見しました。ナノ粒子の結晶化度は、...
Type: ニュース記事
2014-12-10
   この度、沖縄科学技術大学院大学の菅原寛孝教授が、最先端医療機器開発ユニットを立ち上げました。同ユニットでは、素粒子と原子核物理学の研究を応用し、医療技術の向上を目指します。菅原教授は、ユニット発足の足掛かりとなった2つの研究プロジェクト、新がん治療法と高精度の脳画像診断技術の開発について説明しています。  「沖縄県は、...
Type: ニュース記事
2014-12-10
 沖縄科学技術大学院大学(OIST)のソフトマター数理ユニットの研究者たちが...
Type: ニュース記事
2014-10-23
   粒子1個の挙動をシミュレーションし予測することは物理学において難しい問題です。何しろ粒子は非常に微小でリアルタイムでの観察は通常不可能だからです。さらに事をややこしくさせるのは、粒子は量子力学の法則に従うため、同じ1つの粒子が2つ以上の場所に同時に存在し得る、「重ね合わせ」と呼ばれる現象です。...
Type: ニュース記事
2014-06-25
 物理学と神経生物学の英知を組み合わせることでパーキンソン病に取り組むことについて、OISTのケシャブ・ダニ准教授は「OIST以外ではとてもできない研究です」と、語ります。沖縄科学技術大学大学院のフェムト秒分光法ユニット...
Type: ニュース記事
Subscribe to 物理学