2012-11-30
光・物質相互作用ユニットでは、光ナノファイバーとレーザーを使用して人間の赤血球大のプラスチックボールを「光ベルトコンベヤー」と呼ばれるものの上にトラップします。同ユニットでは、OISTの生物学者との共同研究により、プラスチックボールを実際の細胞に置き換え、生物サンプルに含まれるさまざまな細胞を選別するためのより優れた技術を開発することを目指しています。
Type: ビデオ
2012-10-22
 私たちの宇宙は、より広大な宇宙の中の微小な点にすぎないかもしれないと考えたことがありますか。この夢のような空想の背後にある真実を、科学の力で明らかにするのは不可能かもしれません。OISTの量子理論ユニットでは、同じ考えを宇宙よりはるかに小さな規模で追及しています。  同ユニットを率いるニック・シャノン准教授は「宇宙論者や高エネルギー物理学者の研究領域が宇宙だとすれば、私たちの研究領域は、...
Type: ニュース記事
2012-08-26
 我々の先祖が初めて道具を使って虫を掘り出したり、敵と戦ったりした時から、我々は物質の基本的な性質という制約を受けてきました。例えば、光はガラスを透過するときに特定の方向に曲がり、物はエネルギーを与えられると熱くなります。そして、ここ数十年間で、物質をナノスケールで操作する技術が物質科学の基本原則を書き換えてきました。例えば、金粒子の色は必ずしも黄色ではなく、粒子のサイズによって変化します。近年...
Type: ニュース記事
2012-04-27
ポスターセッション...
Type: Event Report
2012-04-17
菅原寛孝教授  沖縄科学技術大学院大学(OIST)は、象牙の塔になるのではなく、沖縄の地域経済の発展をもたらす触媒として機能することを目的として設立されました。しかし、科学的発見を産業化し、...
Type: Event Report
2012-03-15
ダニ准教授とユニットメンバー...
Type: Event Report
Subscribe to 物理学