2020-10-12
数学はどこにでも存在します。シマウマの縞模様から星座、クモの巣に至るまで、私たちが世界中で目にしている模様の中に隠されていたり、磁気や電気、重力など、直接観察することのできない作用や力にも数学は宿っています。最古の学問のひとつである数学は、方程式を洗練したり探求したり、まだ答えが出ていない疑問を投げかける機会に溢れています。数学をより深く理解することで、...
Type: ニュース記事
2020-10-08
2020年7月30日の学長主催講演会で「四角い杭の問題」を講演するアンドリュー・ロブ准教授
Type: ビデオ
2020-10-08
アンドリュー・ロブ准教授が、学長主催講演会のプロモーションビデオで、長方形の杭の問題の背景を説明。
Type: ビデオ
2020-10-08
アンドリュー・ロブ准教授は、2019年10月、客員数学教授プログラムに参加するため、沖縄科学技術大学院大学(OIST)にやって来ました。このプログラムは、有望な数学者を半年間OISTに招聘し、シンポジウムの開催や研究への貢献を目的としています。ただしこの時、ロブ准教授は、...
Type: ニュース記事
2020-07-16
海洋プランクトンは、海における漂流者です。プランクトンには、藻類、動物、細菌、原生生物があり、潮流と海流によって漂っています。多くのプランクトンは肉眼ではほとんど観察できないくらい小さいですが、中にはクラゲのように比較的大きく成長するものもあります。 海洋プランクトンの多様性は予想をはるかに上回ります。これは何十年もの間、生態学者を悩ませてきた、海を漂流する生き物についての一つの事実です。...
Type: プレスリリース
2020-06-05
「しわ」について考えるとき、皮膚に刻まれた線を思い起こすことが多いでしょうか。これを「歓迎されない現実」と捉える人もいれば、「良く生きた人生の誇り高きしるし」と捉える人もいるでしょう。 材料科学の世界では、しわは必要なこともあれば、必要でないこともあります。しかし、しわが発生する原因となる物理的要因はいまだ完全には理解されていません。 この度、...
Type: ニュース記事
2020-01-16
  「トポロジストにはドーナツとコーヒーのマグカップを区別できない」というジョークは、言い古されたトポロジーの世界のジョークです。トポロジーとは、図形を曲げたり伸ばしたり、変形したりする時に保たれる幾何学的特性に関する数学の一分野です。OIST応用トポロジー・ユニット...
Type: ニュース記事
2018-12-17
OIST数学力学と材料科学ユニットのヨハネス・シュンケ博士とエリオット・フリード教授は、新型のカライドサイクルを開発しました。新しい構造物は、...
Type: ビデオ
2014-12-10
 沖縄科学技術大学院大学(OIST)のソフトマター数理ユニットの研究者たちが...
Type: ニュース記事
2013-04-19
 数学には、非常に正確に宇宙を説明する力があるため、現代の物理学者たちは実在性そのものが数学からなることを示してきました。こういうと、高校時代の代数を思い出して、「悪夢のようだ」...
Type: ニュース記事
Subscribe to 数学・計算科学