2014-01-31
 1月24日、OISTキャンパス内で沖縄初となるOISTカフェが開催されました。プログラムはOIST英語教師のケビン・ハント先生による英語を用いたアカデミックプレゼンテーション研修、OIST細胞分子シナプス機能ユニットの高木博研究員による理系キャリア講演の他、OIST博士課程説明会や交流会で構成され、集まった39名の参加者は、真剣に、時に談笑を交えながら耳を傾けていました。  OISTでは、「...
Type: ニュース記事
2013-05-17
 日常生活での肉体や精神の働きは脳神経の機能に依存しています。脳神経系は、脳の異なる領域間をニューロンとニューロンが適切に接続する神経回路網でできており、神経回路網のニューロンが電気的に興奮して神経線維上を情報が伝わります。2つのニューロンが連絡するシナプスでは、神経伝達物質と呼ばれる化学物質を介して神経情報が伝達されます。神経伝達物質はまず「前シナプス」ニューロンの小胞(ごく小さな袋状の構造)...
Type: ニュース記事
2013-05-02
 沖縄科学技術大学院大学(OIST)で行動の脳機構ユニットを率いるアーバスノット教授は、英国アバディーン大学の博士課程で生理学専攻の学生であった時に、スウェーデンの研究グループが発表した論文に出会い、...
Type: ニュース記事
2013-04-12
 「さわらぬ神にたたりなし」とことわざにありますが、科学技術が急速な進歩を遂げる現代においては、特に科学の分野において、時には従来の方法を見直してみることが大切です。沖縄科学技術大学院大学(OIST)計算脳科学ユニットのシウェイ・フアン研究員と...
Type: ニュース記事
Subscribe to 細胞神経生物学