2017-07-07
   二酸化炭素は温室効果ガスの一つとして知られ、気候変動の一要因です。これまで、科学者たちは大気中への二酸化炭素の排出を抑える方法を模索してきました。しかしここ数年、安価で手軽に手に入り、無害な炭素源である二酸化炭素を、優れた商品や付加価値製品へと変換する取組みが進められています。    例えば、二酸化炭素を水素ガスと反応させれば、...
Type: ニュース記事
2017-06-19
Twenty-two OISTers participated this Sunday June 18th to the 34th Manza Hari race taking place in front of the ANA International hotel, forming two motivated teams to take on the locals in the...
Type: メディアリンク
2017-06-15
OIST Professor Keshav Dani just published an already widely shared commentary in the prestigious Physics Today, recounting his experience on multidisciplinary science across the world. His expertise...
Type: メディアリンク
2017-06-15
New research from the Cellular and Molecular Synaptic Function Unit published in eLife demonstrated the ability to track cellular vesicles...
Type: メディアリンク
2017-06-14
   神経細胞間の接点として有名な「シナプス」における情報伝達メカニズムは良く知られていますが、神経細胞の末端、つまりシナプス前末端、その内における情報輸送のしくみは、海図にない水域のような未知の領域です。シナプス前末端において、情報伝達を担う伝達物質は、シナプス小胞と呼ばれる泡状の袋につめこまれて、交通網を走りぬける自動車のように目的地に輸送されます。...
Type: ニュース記事
2017-06-12
The Quantum Wave Unit reported a successful use of graphene films to drastically enhance the contrast and quality of Electron Microscopy images with low energy electron beams. You can read the full...
Type: メディアリンク
2017-06-09
 私たち人間が観察し、測定できるものにおいて、それまでの限界を超える科学装置を新たに開発することは、一朝一夕にはいきません。通常いくつもの小さな段階を経て、その過程で現れる数々の技術的な課題を克服し、継続的に向上し続けていくものです。沖縄科学技術大学院大学(OIST)の新竹積教授が開発した、最新型の電子顕微鏡も例外ではありません。OIST研究者らは科学誌...
Type: ニュース記事
2017-05-31
Prof. Ishikawa and the Immune Signal Unit have seen their research achievements featured in a wide array of national and international news outlets! They reported a new selective target called JunB...
Type: メディアリンク
2017-05-25
Type: 写真
Subscribe to ウィルコ・デュプレ