2013-05-29
 視細胞の変性とタンパク質輸送の異常を関連づけるメカニズムを明らかにしたOIST研究者の論文が、発生生物学の専門誌Developmental Cellの表紙を飾りました。  国内から世界にいたる商品の流通に似て、細胞内でタンパク質を輸送するシステムが適切に機能しなければ、細胞の健康は維持できません。このタンパク質輸送を担うのは、細胞の世界でトレーラーや貨物列車、...
Type: プレスリリース
Zebrafish (Danio rerio)
2013-05-23
Type: 写真
星名研究員と山本教授
2013-05-17
星名直祐研究員(左)と山本雅教授(右)
Type: 写真
2013-05-17
 日常生活での肉体や精神の働きは脳神経の機能に依存しています。脳神経系は、脳の異なる領域間をニューロンとニューロンが適切に接続する神経回路網でできており、神経回路網のニューロンが電気的に興奮して神経線維上を情報が伝わります。2つのニューロンが連絡するシナプスでは、神経伝達物質と呼ばれる化学物質を介して神経情報が伝達されます。神経伝達物質はまず「前シナプス」ニューロンの小胞(ごく小さな袋状の構造)...
Type: ニュース記事
2013-05-14
 OISTでは、分野の壁を超えた学際的な研究の追求にとどまらず、芸術と科学の垣根を越える様々な取り組みを行っています。先週だけでも、OIST...
Type: ニュース記事
広瀬悦子氏によるピアノソロコンサート
2013-05-14
広瀬悦子氏を囲んでOIST理事のトーステン・ヴィーゼル博士、李遠哲博士、ジェローム・フリードマン博士、ティム・ハント博士とOIST幹部職員
Type: 写真
国際ワークショップ「複雑量子系のコヒーレント制御」
2013-05-14
ワークショップの共同オーガナイザー、デンマークのオーフス大学Klaus Mølmer教授による発表
Type: 写真
絹織物作家の上原美智子氏とドーファン学長
2013-05-14
上原氏は琉球伝来の技法を用いて羽のように軽く鋼鉄のように丈夫な絹の布を織ります。このようにして織られた作品は、ニューヨーク近代美術館(MoMA)など世界中で展示されています。
Type: 写真
Subscribe to ヴァネッサ・シパニ