2021-03-25
科学技術立国を掲げ、伝統的に科学研究や技術開発に力を入れてきた日本は、かつて基礎研究でもハイテク技術でも世界トップと伍してきました。しかし、世界各地で勃興した破壊的イノベーションによる産業構造や、パンデミックや気候変動など世界規模の課題解決に向けたソリューション提示の競争において、各国に後塵を拝してきた現実があります。 日本が再びかつてのように科学技術で世界をリードするためには、そして、...
Type: ニュース記事
2020-12-24
The latest OIST column in the Asahi Shimbun GLOBE+ is out now. This month, Tomomi Okubo, Manager of the...
Type: メディアリンク
2020-12-08
沖縄科学技術大学院大学(OIST)は、有馬朗人博士の訃報に接し、謹んで哀悼の意を表します。博士は12月7日に東京のご自宅で亡くなられました。90歳でした。 ...
Type: ニュース記事
2020-08-11
Special Column to Ryukyu Shimpo Only a big increase in testing will save Okinawan lives and sustain Okinawan tourism By President Peter Gruss   “Learn from yesterday, live for today, hope...
Type: メディアリンク
2019-11-22
 2019年11月14日、米国ワシントンDCにおいて、沖縄科学技術大学院大学財団(OIST財団)の設立をお披露目する式典が、在米日本大使公邸にて開催されました。  米国内の各界から招待された出席者は、日米両国の政府関係者、ビジネス界・科学界、在米沖縄関係者や日米関係のリーダー、沖縄県の代表者らや、OIST財団理事のメンバー。さらに、OIST幹部や研究者らも沖縄から駆けつけ、...
Type: ニュース記事
2019-06-06
BRIDGE ネットワーク憲章   科学は本質的に、国際的、競争的、共同的、そしてダイナミックなものです。そして、アイデアが花を咲かせ、技術が発展し、または思いがけない発見が生まれるために、可能な限り最適な環境を提供することが研究機関には求められています。  20世紀から21世紀にかけて、複数の大陸にわたり、新しいタイプの研究機関が設立されました。これら研究機関は、...
Type: 写真
2019-05-28
 シドニー・ブレナー博士は、ある亜熱帯の美しい島に世界レベルの研究所を作るというビジョンを現実のものにしました。  沖縄科学技術大学院大学(OIST)と沖縄の関係者、そしてスペシャルゲストらが、私たちが今日OISTとして見知っている大学の創設におけるブレナー博士の役割を称えるために集まりました。ブレナー博士は2019年4月5日に亡くなられました...
Type: ニュース記事
2019-05-28
「科学技術政策担当大臣だった2001年、私はOISTの構想を進展させているなかで、このビジョンを現実にしてくれる人物を探し始めました。何人ものノーベル賞受賞者と話をしました。しかし、ブレナー博士とお会いしたとき、博士は他の誰よりも強く、科学技術の大学院大学をつくるという私のアイデアに反応してくれました。私は彼のエネルギーとビジョンに感銘を受け、...
Type: 写真
2019-05-28
OISTの創設に欠かせない人物であるシドニー・ブレナー博士を称賛し、敬意を表すための特別な集いが2019年5月26日(日)に行われました。
Type: 写真
2019-05-28
セミナールームB250がシドニー・ブレナー博士の名を冠することとなりました。  
Type: 写真
2019-05-28
ダニエル・ロクサー教授は、OISTをインスパイアし続けているブレナー博士の科学を紹介しました。OISTでは、沖縄にとって重要なサンゴやモズク、海ぶどうなどを含む多くの生物のゲノム解読を行っています。 「シドニーさんは、晩年、2053年、すなわちDNAの二重らせん発見100周年にまた戻ってきて、科学がどれくらい進んだか見たい。と繰り返し言っていました。ですから、我々の使命は明らかです。...
Type: 写真
2019-05-28
ロバート・バックマン博士は、ブレナー博士のビジネス面における才能も紹介しました。「シドニーさんは、あまり知られていないキャリアも持っていました。彼は、成功した技術移転起業家なのです。400以上の特許を持ち(中略)いくつかのバイオテクノロジー企業をも設立しています。」
Type: 写真
Subscribe to 大久保 知美