2017-12-22
芭蕉布の織り工程
Type: 写真
2017-12-22
イトバショウの栽培風景
Type: 写真
2017-12-22
ユニークな形の中空状である。
Type: 写真
2017-12-21
Researchers from the Structural Cellular Biology Unit at the Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University (OIST), in...
Type: メディアリンク
2017-12-20
大腸菌の細胞分裂における二つのタンパク質リング の 空間配置を示すナノスケールの画像。 FtsZ(緑色)とFtsN(赤色)は、分裂している場所でパッチリング状に編成されている。
Type: 写真
2017-12-20
  20分毎にその数が倍増する侵略部隊に立ち向わなくてはならない場面を想像してみてください。実際これは、人体が有害な大腸菌に感染したときに直面する事態です。急速に増殖する有害な大腸菌は宿主の人体に対し、下痢、呼吸器疾患、肺炎といった不快かつ危険な疾患を引き起こす可能性があります。   全世界的に抗生物質耐性菌の出現が増加している中、...
Type: ニュース記事
2017-12-05
Researchers from the Marine Genomics Unit at OIST, in collaboration with Okayama University, have decoded two worm genomes and found that they...
Type: メディアリンク
2017-12-05
ヒモムシの一種ミサキヒモムシ(Notospermus geniculatus)。左:体が縮んだ状態。右:体が長く伸びた状態。ヒモムシの体は伸縮自在で、Lineus longissimusというヒモムシでは伸びると30mにもなる。
Type: 写真
2017-12-05
左右対称動物の進化関係。頭部パターン形成に関わる分子プログラムが保存されている場所をオレンジ色で示した。(左から)脊椎動物、カブトムシ、ヒモムシ、ホウキムシ、シャミセンガイ(一番下)左右対称動物の祖先
Type: 写真
2017-12-05
左:サンプリング場所。ミサキヒモムシ(Notospermus geniculatus)とホウキムシ(Phoronis australis)は岡山県瀬戸内市牛窓町で、ミドリシャミセンガイ(Lingula anatina)は鹿児島県奄美大島笠利湾で採集。右:今回の研究で使われた動物の進化関係とその身体の構造を示す。
Type: 写真
2017-12-05
 沖縄科学技術大学院大学(OIST)にある海洋生物学の研究室を訪ねたら、シャーレーの中で身体を長く伸ばしたり縮めたり、もだえるように動く奇妙な動物を目にするかもしれません。そしてさらに、こうした普段はあまり目立たない動物とあなたの間に、たくさんの共通点があることを知って驚くかもしれません。  OIST...
Type: ニュース記事
2017-11-30
銅谷賢治教授と研究チームによるスマートフォンロボット
Type: 写真
Subscribe to プロダロ・ソフィー・ジェイン