2018-02-19
Termites are among the rare organisms that can feed on wood. This remarkable ability has allowed them to become one of the most abundant animals in the terrestrial tropics, and they’ve got their gut...
Type: メディアリンク
2018-02-16
OIST進化ゲノムユニットでシロアリを分析するトマ・ブーギニョン准教授
Type: 写真
2018-02-16
幼虫(白色)、働きアリ(大顎のない茶色の成虫)、兵隊アリ(大顎のある茶色の成虫)を含むシロアリ(学術名:Cubitermes sp.)
Type: 写真
2018-02-16
働きシロアリが女王を囲んでいる。 女王シロアリと王シロアリは、コロニーを築く間、子孫に腸内細菌を伝播する。
Type: 写真
2018-02-16
  枯れ木、落ち葉、土埃といったものは、私たちにとっては、庭のゴミのように見えるかもしれません。 しかし、シロアリにとっては栄養価の高い食事です。   シロアリは、木材を常食として生きていくことができる非常に稀な生物のひとつです。 この特殊能力により、熱帯の陸上動物のうちで最も多く生息している種のひとつになり得たのですから、...
Type: プレスリリース
2018-02-02
Using a twist on a textbook physics experiment, researchers in the Fluid Mechanics Unit and the...
Type: メディアリンク
2018-02-01
  水道の蛇口をひねったことのある人なら誰でも、なんらかの流体力学の知識を持っていると言えます。 家庭用配管であれ産業用の石油やガス輸送のためのパイプラインであれ、配管を流れる流体は、速度が遅い時はスムーズに流れ、速度の速い時はより乱雑な流れとなります。   130年以上前に、英国の物理学者で技術者でもあったオズボーン・レイノルズは、遅い速度の流体の流れを、...
Type: ニュース記事
2018-01-30
ガラス管を照射するレーザーを用いて、管内の流水速度を測定。
Type: 写真
2018-01-30
遷移流での滑らかな流れと混沌とした流れの間欠的な連なりが描かれているオズボーン・レイノルズの1883年発表の論文に掲載された図。サーバス博士らは、これらのタイプの異なる流れを個別に分析して遷移流を研究するという新手法を試みた。
Type: 写真
2018-01-30
層流、乱流および遷移流の違いについて説明するサーバス・ローリー博士。 図で示されているように、今回研究対象の遷移流では、滑らかな流れと混沌とした流れが間欠的に連なっている。
Type: 写真
2018-01-30
オズボーン・レイノルズ の 1883年の論文に掲載されている図。異なるタイプの流体における摩擦測定に使われた装置の隣にレイノルズの助手が立っている。
Type: 写真
2018-01-23
An image created by the Structural Cellular Biology Unit is being featured on the cover of the February issue of the journal...
Type: メディアリンク
Subscribe to プロダロ・ソフィー・ジェイン