2018-02-02
Using a twist on a textbook physics experiment, researchers in the Fluid Mechanics Unit and the...
Type: メディアリンク
2018-02-01
  水道の蛇口をひねったことのある人なら誰でも、なんらかの流体力学の知識を持っていると言えます。 家庭用配管であれ産業用の石油やガス輸送のためのパイプラインであれ、配管を流れる流体は、速度が遅い時はスムーズに流れ、速度の速い時はより乱雑な流れとなります。   130年以上前に、英国の物理学者で技術者でもあったオズボーン・レイノルズは、遅い速度の流体の流れを、...
Type: ニュース記事
2018-01-30
ガラス管を照射するレーザーを用いて、管内の流水速度を測定。
Type: 写真
2018-01-30
遷移流での滑らかな流れと混沌とした流れの間欠的な連なりが描かれているオズボーン・レイノルズの1883年発表の論文に掲載された図。サーバス博士らは、これらのタイプの異なる流れを個別に分析して遷移流を研究するという新手法を試みた。
Type: 写真
2018-01-30
層流、乱流および遷移流の違いについて説明するサーバス・ローリー博士。 図で示されているように、今回研究対象の遷移流では、滑らかな流れと混沌とした流れが間欠的に連なっている。
Type: 写真
2018-01-30
オズボーン・レイノルズ の 1883年の論文に掲載されている図。異なるタイプの流体における摩擦測定に使われた装置の隣にレイノルズの助手が立っている。
Type: 写真
2018-01-23
An image created by the Structural Cellular Biology Unit is being featured on the cover of the February issue of the journal...
Type: メディアリンク
2018-01-18
Building molecular wires, one atom at a time: researchers from the Coordination Chemistry and Catalysis Unit at OIST have found a simple way...
Type: メディアリンク
2018-01-16
ダイナミック・リガンドを用いた銅原子ワイヤのシンプルな段階的プロセスを描いたリバーダ・ウィーラハン博士による漫画。銅原子ひとつひとつを加えたり、除去したりすることで、異なる長さの分子ワイヤの作製が可能。
Type: 写真
2018-01-16
X線回折法による、単一の線状ワイヤに11個の金属原子が含まれるEMACの結晶構造。これまでに文献で報告されている中で最長のもの。
Type: 写真
2018-01-16
  電子機器は日々小型化しています。 初期のコンピュータは、部屋いっぱいになるほど大型のものでしたが、現在では、手のひらサイズになっています。さらに分子エレクトロニクス分野では、次世代レベルの小型化を目指しています。研究者たちは、肉眼では見ることができないほど極小サイズの電子部品を作製しているのです。   分子エレクトロニクスはナノテクノロジー分野のひとつで、電子部品として...
Type: ニュース記事
2017-12-28
In an effort to document an important part of Okinawan folk culture, researchers from OIST's Science and Technology Group, in collaboration...
Type: メディアリンク
Subscribe to プロダロ・ソフィー・ジェイン