2018-04-03
接着斑におけるタンパク質の集合を示す模式図。 インテグリンは、細胞骨格(白黒の連珠状構造)と細胞外基質分子(緑のねじったリボン様構造)をつないでいる。
Type: 写真
2018-04-03
 バレエと細胞生物学に共通点があるでしょうか? 私たちが想像するより多くの共通点がありそうです。—— 沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らはこの度、細胞内のタンパク質の動きを1分子ずつ長時間追跡する新技術を開発することで、細胞の動く仕組みが見えてきました。本研究成果は...
Type: プレスリリース
2018-03-27
Researchers from OIST's ...
Type: メディアリンク
2018-03-26
ケージドGABA(左)とGABA(右)の化学構造。紫外線照射によりGABAがケージド化合物から切り離される。
Type: 写真
2018-03-26
研究者達はガラス電極を用いて、前シナプスと後シナプスのニューロンから同時に細胞内記録を行い、ケージドGABAを前シナプス用電極から前シナプス細胞内に注入した。
Type: 写真
2018-03-26
高橋智幸教授。亜熱帯雨林を一望するOISTのオフィスにおいて。
Type: 写真
2018-03-26
シナプスにおけるリサイクリングプロセス。まず小胞膜がシナプス前末端膜から回収され、次いで小胞内に伝達物質が充填される。
Type: 写真
2018-03-26
電気信号がシナプス前末端に達すると小胞内の伝達物質放出がシナプス間隙に放出され、伝達物質は後シナプス膜の受容体を活性化させて、電気信号を発生させる。
Type: 写真
2018-03-26
  脳内のニューロンは他のニューロンに絡まって接し、お互いに連関して、運動、認知などの脳のはたらきをコントロールします。   ニューロンが活性化されると電気信号が発生しますが、電気信号はニューロン間の接点「シナプス」を越えることが出来ないので、ニューロン間の連絡は、化学信号物質「伝達物質」を小さな膜カプセルから放出することによって行われます。   電気信号は、...
Type: ニュース記事
2018-03-02
開式の辞で来賓を紹介するOIST学長ピーター・グルース
Type: 写真
2018-02-27
In several recent papers, Prof. Shen and colleagues at the Micro/Bio/Nanofluidics Unit at the Okinawa Institute of Science and Technology (...
Type: メディアリンク
2018-02-27
修了生の家族も出席した式典では、修了生のミニチュア・ガウンを着て参加した小さな来賓者の姿も見られました。
Type: 写真
Subscribe to プロダロ・ソフィー・ジェイン