2018-04-27
無機物の多層構造を持つペロブスカイト太陽電池。 最下層は数ミリメートルの厚さのガラス、下から2層目は、FTOと呼ばれる 透明な導体材料、下から3層目は酸化チタンの電子感受性層、下から4層目は、光活性ペロブスカイト、最上層は炭素からなる。
Type: 写真
2018-04-27
ペロブスカイト太陽電池は、いまだに実用量産化されていない。 OISTエネルギー材料と表面科学ユニットが作製した新型ペロブスカイト太陽電池は、リウ博士の手のひらにおさまるほど、小型である。
Type: 写真
2018-04-23
Taking inspiration from the biological building methods used in cells and the extracellular membrane, the Bioinspired Soft Matter Unit, led...
Type: メディアリンク
2018-04-18
分子のレンガ構造は繊維状の分子の足場に支えられるため、足場がない場合に比べ、分子構造を9倍高くすることができる。
Type: 写真
2018-04-18
OISTのイメージングセクションのメンバーと、本研究に貢献した生体模倣ソフトマターユニット所属のOIST博士学生。左から右へ:佐々木敏雄、湯川幸江、シジン・ザン、宮澤薫一。
Type: 写真
2018-04-18
ペプチド分子は、ナノファイバーと呼ばれる細長い構造が自己集合して分子の「足場」を形成する。安息香酸分子は自己集合してシート状のナノ構造を形成し、互いに重ね合わされて分子の「レンガ」を形成する。足場の助けを借りて、この分子のレンガは分子の塔を形成する。
Type: 写真
2018-04-18
  高層住宅を建てるには、足場を使用する必要があります。沖縄科学技術大学院大学(OIST)のイェ・ジャン准教授らは、建設現場でのこの手法をラボの研究に適用しています。しかしながら、住宅建設とは大きく違う点が一つあります。それは、研究対象がたった数十億分の一平方メートルというナノサイズであることです。   ナノテクノロジーにおいて、ナノ材料を基本の建築材料のごとく使用し、...
Type: ニュース記事
2018-04-18
Researchers from the Neural Computation Unit at OIST have used the latest optical neural imaging technology to isolate and record the activity...
Type: メディアリンク
2018-04-16
ストリオソーム神経細胞の活動記録のため、内視顕微鏡技術を適用した(左)。 内視顕微鏡で観察される画像(中央)。ストリオソーム神経細胞の報酬予測信号(右)。
Type: 写真
2018-04-16
 研究者らは、直径 0.5ミリメートルのレンズ の先端でストリオソーム神経細胞の活動を記録するため、スタンフォード大学のスピンオフ企業が開発した特殊な内視顕微鏡を使用した。
Type: 写真
2018-04-16
線条体の顕微鏡画像。ストリオソームとマトリックスはモザイク様の構造を形作っている。
Type: 写真
2018-04-16
  予想外の嬉しい驚きや辛い出来事は記憶に残ります。例えば、もしあなたが熱い鍋に触ってしまったとしたら、もう二度とやらないように学習するでしょう。   好ましい結末であれ、好ましくない結末であれ、試行錯誤によって学ぶことは、「強化学習」として知られています。人間や動物は不慣れな環境で探索を行ううちに、...
Type: ニュース記事
Subscribe to プロダロ・ソフィー・ジェイン