2018-05-21
蛍光共焦点顕微鏡で観察された宿主プランクトンのアカンタリアンと赤色で示される共生藻
Type: 写真
2018-05-21
プランクトンの入った三角フラスコを手に持つOISTの海洋生態物理学ユニット博士課程学生、マーガレット・ブリズビンさん
Type: 写真
2018-05-21
アカンタリアと共生藻は、肉眼では小さ過ぎて観察不可能だが、顕微鏡下では美しい形状や構造が観察できる。 上の2枚の写真で、蛍光赤色の部分は共生藻、 右上写真の蛍光緑色部分は宿主のリソソーム。
Type: 写真
2018-05-21
  海の水をすくってそこに浮かぶプランクトンのサンプルを太陽の光に向けてかざしてみると、きらきらと輝いて見えます。この輝きは、複雑な結晶構造の骨格を持つ海水面付近のプランクトンが、太陽光を屈折させたり反射させたりすることにより引き起こされるものです。   これらの生物は、アカンタリアと呼ばれるプランクトンの1種で、世界中の海に非常に多く存在します。別名、...
Type: ニュース記事
2018-04-27
異なる層を示すペロブスカイト太陽電池の電子顕微鏡画像
Type: 写真
2018-04-27
新型ペロブスカイト材料で作られた太陽電池を手にもつ、エネルギー材料と表面科学ユニットのポスドク研究員、ロンビン・チュウ博士(左)とゾンハオ・リウ博士(右)。
Type: 写真
2018-04-27
無機物の多層構造を持つペロブスカイト太陽電池。 最下層は数ミリメートルの厚さのガラス、下から2層目は、FTOと呼ばれる 透明な導体材料、下から3層目は酸化チタンの電子感受性層、下から4層目は、光活性ペロブスカイト、最上層は炭素からなる。
Type: 写真
2018-04-27
ペロブスカイト太陽電池は、いまだに実用量産化されていない。 OISTエネルギー材料と表面科学ユニットが作製した新型ペロブスカイト太陽電池は、リウ博士の手のひらにおさまるほど、小型である。
Type: 写真
2018-04-27
  太陽系の中心から強力なエネルギーを放出する太陽エネルギーの利用は、持続可能なエネルギー供給を実現するための主たる目標の一つです 。   太陽電池という電気装置を使用すれば、太陽の光エネルギーを直接電気に変換できます。これまで多くの太陽電池の製造には、光の吸収に優れているシリコンが使われてきました。しかし、シリコンの太陽光パネルは、高い製造コストがかかります。...
Type: ニュース記事
2018-04-23
Taking inspiration from the biological building methods used in cells and the extracellular membrane, the Bioinspired Soft Matter Unit, led...
Type: メディアリンク
2018-04-18
分子のレンガ構造は繊維状の分子の足場に支えられるため、足場がない場合に比べ、分子構造を9倍高くすることができる。
Type: 写真
2018-04-18
OISTのイメージングセクションのメンバーと、本研究に貢献した生体模倣ソフトマターユニット所属のOIST博士学生。左から右へ:佐々木敏雄、湯川幸江、シジン・ザン、宮澤薫一。
Type: 写真
Subscribe to プロダロ・ソフィー・ジェイン