2021-08-27
赤土の流出防止策を学ぶフィールドワークで、サンゴ礁に悪影響を及ぼす赤土の流出を防ぐため、農地にベチバー草を植える生徒たち。本画像は、記事「SHIMA:沖縄・ハワイSTEM共同教育ワークショップ」に掲載されています。
Type: 写真
2021-08-27
さまざまな種類の海藻の目視や観察を通じ、海藻が日常生活でいかに利用されているかを学習する生徒。 本画像は、記事「SHIMA:沖縄・ハワイSTEM共同教育ワークショップ」に掲載されています。
Type: 写真
2021-08-27
恩納村漁港にある海藻養殖場を訪れ、持続可能な海藻養殖の方法について学習する生徒たち。 本画像は、記事「SHIMA:沖縄・ハワイSTEM共同教育ワークショップ」に掲載されています。
Type: 写真
2021-08-27
3Dモデルを使って実験しながら、赤土の流出による影響を学ぶ生徒たち 本画像は、記事「SHIMA:沖縄・ハワイSTEM共同教育ワークショップ」に掲載されています。
Type: 写真
2021-08-27
沖縄の高校生とOISTの科学教育アウトリーチチームのメンバー。 本画像は、記事「SHIMA:沖縄・ハワイSTEM共同教育ワークショップ」に掲載されています。
Type: 写真
2021-08-27
沖縄科学技術大学院大学(OIST)は、沖縄とハワイの異文化間の学習交流促進を目的として、ハワイのNPO法人Kuaʻāina Ulu ʻAuamo(KUA)と共同で、第1回SHIMA:沖縄・ハワイSTEM共同教育ワークショップを7月17日から25日に開催しました。...
Type: ニュース記事
2018-05-21
蛍光共焦点顕微鏡で観察された宿主プランクトンのアカンタリアンと赤色で示される共生藻
Type: 写真
2018-05-21
プランクトンの入った三角フラスコを手に持つOISTの海洋生態物理学ユニット博士課程学生、マーガレット・ブリズビンさん
Type: 写真
2018-05-21
アカンタリアと共生藻は、肉眼では小さ過ぎて観察不可能だが、顕微鏡下では美しい形状や構造が観察できる。 上の2枚の写真で、蛍光赤色の部分は共生藻、 右上写真の蛍光緑色部分は宿主のリソソーム。
Type: 写真
2018-05-21
  海の水をすくってそこに浮かぶプランクトンのサンプルを太陽の光に向けてかざしてみると、きらきらと輝いて見えます。この輝きは、複雑な結晶構造の骨格を持つ海水面付近のプランクトンが、太陽光を屈折させたり反射させたりすることにより引き起こされるものです。   これらの生物は、アカンタリアと呼ばれるプランクトンの1種で、世界中の海に非常に多く存在します。別名、...
Type: ニュース記事
2018-04-27
異なる層を示すペロブスカイト太陽電池の電子顕微鏡画像
Type: 写真
2018-04-27
新型ペロブスカイト材料で作られた太陽電池を手にもつ、エネルギー材料と表面科学ユニットのポスドク研究員、ロンビン・チュウ博士(左)とゾンハオ・リウ博士(右)。
Type: 写真
Subscribe to プロダロ・ソフィー・ジェイン