2015-02-12
 沖縄科学技術大学院大学(OIST)のマイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットによる新たな研究は、溶かしたワックス(蝋)の液滴を冷却液中に滴下し、様々な非球状粒子を作製する方法を対象にしています。本手法を物理学的に掘り下げることで、様々な非球形の形状が生み出される原理が説き明かされた上で再現可能となり、多くの産業用途への応用が期待されます。科学誌 ...
Type: ニュース記事
2015-01-26
 このたび沖縄科学技術大学院大学(OIST)の臨界期の神経メカニズム研究ユニットが発表した新たな研究において、...
Type: ニュース記事
2015-01-26
杉山(矢崎)陽子准教授
Type: 写真
2015-01-15
 従来の研究から、バクテリアなどの液体中に分散された自己駆動エージェントの量が十分に多ければ、それらを動力源としてミクロな歯車やラチェットを回転させることができるということは既に知られていました。新たに、バクテリアも藻類のように流動環境での輸送や物質の置き換えとして利用できることが分かりました。沖縄科学技術大学院大学(OIST)の科学者たちが科学誌 ...
Type: ニュース記事
2014-12-18
 去る12月12日、13日の2日間、沖縄科学技術大学院大学(OIST)では、東京大学から教授の方々をお招きして、共同シンポジウムが開催されました。 OIST量子システム研究ユニットのトーマス·ブッシュ准教授の協力を得て、東京大学から幅広い研究分野にわたって講演者を招聘し、OISTからも同じように多様な教授陣を揃えることができました。シンポジウムが開かれた2日間を通して、...
Type: ニュース記事
2014-12-15
 沖縄科学技術大学院大学マリンゲノミックスユニットに所属する学生のケネス・バックマン、蒋口栄一博士、佐藤矩行教授、およびオーストラリアの共同研究者らは、この度...
Type: ニュース記事
2014-12-10
 沖縄科学技術大学院大学(OIST)のソフトマター数理ユニットの研究者たちが...
Type: ニュース記事
2014-12-05
 現在、世界各国の政府が国家的に取り組むべき研究として脳のマッピングに力を入れ、脳の秘密を解明しようとしています。米国ではブレイン・イニシアティブ、欧州ではヒューマン・ブレイン・プロジェクトが実施されています。日本においても「...
Type: ニュース記事
2014-11-19
 この度、イェ・ジャン准教授が、生体模倣ソフトマターユニットの代表としてOISTに着任します。ジャン准教授は、現在ポスドク研究員として勤務している米国マサチューセッツ州のブランダイス大学から本学に移籍します。同教授が最も関心を寄せるのは、天然の生物材料の構造から創発される新材料の研究です。  ジャン准教授は香港科技大学にて有機化学分野で博士号を取得後、...
Type: ニュース記事
2014-11-06
 去る10月29日、海外の研究機関から名だたる6名の専門家が沖縄科学技術大学院大学(OIST)に集合し、海洋細胞生物学のミクロの世界から、外洋や沿岸地域における海流変動まで幅広く発表をし、話し合いが行われました。会合は、それぞれの知見について学ぶとともに、海洋科学を共通の専門とする研究者たちにとって、お互いの経験を共有する良い機会でもありました。OISTのジョージ・イワマ プロボーストは、「...
Type: ニュース記事
2014-11-05
 Frontiers in Computational Neuroscience 誌に掲載された沖縄科学技術大学院大学のロバート·シンクレア准教授の論文は、現代科学においても、...
Type: ニュース記事
2014-11-05
決定論的発生と確率論的発生の両方の傾向を示す生物系の一例(ショウジョウバエの眼)を描写するロバート·シンクレア准教授。この場合、細胞の数は統一されているが、細胞がどのような光に感受性を持つかについてはランダムに決定されていると考えられる。
Type: 写真
Subscribe to ショーン トゥ