サンサナーと流星太鼓
2014-09-02
歓迎セレモニーは、地元創作グループの流星太鼓と、歌手ユニットのサンサナーによる演武で締めくくられました。
Type: 写真
ジョージ・イワマ プロボースト
2014-09-02
イワマ プロボーストは新入生に対し、精いっぱい努力し、OISTの潜在力を引き出して欲しいと、語りかけました。
Type: 写真
山村頼子さん
2014-09-02
第3期生の山村頼子さんは脳の研究に興味があると自己紹介し、「私は何でも先延ばしにしてしまう傾向があるので、この問題を解決する手助けとなる脳の研究に従事しようと考えています」と語りました。
Type: 写真
ジョナサン・ドーファン学長
2014-09-02
第3期生に歓迎の辞を述べるドーファン学長
Type: 写真
2014-09-01
   脳は、ニューロン(神経細胞)と呼ばれる小さな要素が集まった複雑なネットワークです。脳内ではニューロンが外界からの情報を伝達・処理しながら状況を認識し、応答を決定させます。個々のニューロンでは、木の枝のように分岐した樹状突起と呼ばれる部位で受け取った信号がニューロンの細胞体に伝わり、その後軸索部分を通して次のニューロンへと送られます。しかし、...
Type: ニュース記事
ベアン・クン准教授とシギタ・オーガスティネイト研究員
2014-09-01
光学ニューロイメージングユニットを率いるクン准教授のオフィスにて、ベアン・クン准教授(左)とシギタ・オーガスティネイト研究員(右)。
Type: 写真
2014-08-20
The following overseas media outlets have covered research from the Masai unit: Phys.org...
Type: メディアリンク
2014-08-19
 細胞は分裂する前に、新たに遺伝物質を作り出し、それは2つの新たな細胞に分かれる前にスプール様の物質に巻きつきます。これらのスプールは、ヒストンと呼ばれるタンパク質であり、細胞がそのDNAを倍加するのと同時に増加します。DNAが倍加したときにヒストンの量が増えなければ、センチメートル単位の長さのDNAは、わずかマイクロメートル単位の小さな染色体内におさまりません。発生の初期段階において、...
Type: ニュース記事
ゼブラフィッシュ飼育施設での政井一郎准教授
2014-08-19
OISTにある研究室にてゼブラフィッシュの突然変異系統を示す政井一郎准教授。
Type: 写真
2014-08-18
   沖縄科学技術大学院大学の新しいチャイルド・デベロップメント・センター(CDC)では、教職員・学生の子どもたちの受け入れ準備が整いました。2013年1月からCDCのあった仮設の建物に代わるこの新築の建物は、定員も2倍になり、100名の子どもたちを受け入れることができます。    ジョン・ディキソン副学長(施設管理担当)によると、...
Type: ニュース記事
新しいCDCを上から見たところ
2014-08-18
新しいチャイルド・デベロップメント・センターの丸い屋根は中央部分が開き、中庭になっている。庇の下の窓を通った自然光が天窓から入る設計で、室内を明るく照らす。
Type: 写真
CDCの天窓
2014-08-18
丸い天窓からの光が、OISTの新しいチャイルド・デベロップメント・センターの内部を照らす。それぞれ天窓は屋根の軒下に設置されており、直接光で室内の温度が上がり過ぎるのを防いでいる。
Type: 写真
Subscribe to ポンツィー・ラッシュ