2016-03-02
 化石燃料のエネルギー利用は産業革命を後押しし、その後の技術発展に寄与してきました。しかし、その埋蔵量には限りがあり、低炭素社会への転換に向けた取り組みが急務となっています。石油・石炭などのエネルギー資源が底をつく日はもうすぐそこまで来ているのです。  エネルギー革命の旗手である太陽光および風力発電。しかし、世界のエネルギー消費量が増加の一途をたどるなか、...
Type: ニュース記事
2016-02-01
 半導体の集積度が2年ごとに倍増すると予測する「ムーアの法則」の終焉が、2015年エレクトロニクス分野で大きな話題となりました。従来のシリコン型技術では、半導体チップ1個に集積できるトランジスタの数と大きさが物理的限界に達しつつあります。一方、代替技術の進歩は、未だに広く実用化されるにはほど遠いのが現状です。「ムーアの法則」を復活させるためには、動作中に発生する熱や、...
Type: ニュース記事
銅製ミラー
2016-02-01
銅製のミラーが液体ヘリウム上の電子にマイクロ波フォトンを誘導および集束させる。 集光ミラー(左)は硬いステンレスボールで銅をプレスして作られている。平面ミラー(右)は 2つの同心円状の電極(コルビノ電極と呼ばれる)を有し、電子の伝導率を測定するのに用いられる。
Type: 写真
実験用のセル
2016-02-01
液体ヘリウム上の電子系実験が行われたセル(容器)
Type: 写真
量子ダイナミクスユニットの研究者ら
2016-02-01
量子ダイナミクスユニットの研究者ら(左から右): 山城 亮、アレクサンドロ・バドルトディノフ、 レオニード・アブドウラヒモフ、デニス・コンスタンティノフ
Type: 写真
2016-01-08
 有機‐無機複合物質であるペロブスカイト材料は、次世代型太陽電池には欠かせない材料です。このペロブスカイト材料の特性を理解することは、太陽電池の耐用年数を延ばし、品質を向上させるために重要です。沖縄科学技術大学院大学(OIST)のヤビン・...
Type: ニュース記事
2016-01-08
OISTの研究者たち(左から右):ロビン・オーマン博士、ヤビン・チー准教授、大野ルイス勝也博士。
Type: 写真
走査型トンネル顕微鏡の内部
2016-01-08
走査型トンネル顕微鏡の内部画像。黄色のシリンダーは熱から保護する役割を果たし、この後ろの部分でサンプルが冷却されます。
Type: 写真
ロビン・オーマン博士
2016-01-08
走査型トンネル顕微鏡内にサンプルをセットするロビン・オーマン博士。
Type: 写真
2015-12-25
 糖尿病は死亡原因の上位を占めている疾患です。1型糖尿病の患者は、インスリン産生細胞が免疫作用により破壊されるため、毎日インスリン注射を打たなくてはなりません。インスリン摂取量を劇的に減らし、インスリン投与への依存を断ち切るための効果的な治療法は、膵臓にあるランゲルハンス島(膵島)を移植することです。移植者の肝臓にインスリン産生細胞を注入すると、...
Type: ニュース記事
研究室で作業をするエイミー・シェン教授
2015-12-25
OISTのマイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットのエイミー・シェン教授。自身の研究室にて。
Type: 写真
マイクロ流体プラットフォーム
2015-12-25
OISTのマイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットが新開発したマイクロ流体プラットフォーム。このプラットフォームを使って微小分子や細胞をアルギン酸カプセルで包み込むことができる。
Type: 写真
Subscribe to ガルノヴァ・オリガ