2018-12-18
Researchers at the Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University (OIST) have now described how a specific transcription factor, which modulates gene expression, plays a critical...
Type: メディアリンク
2018-12-18
  科学、数学、アートが融合してできたものとして、カライドサイクルがあります。現代美術館で見られるような幾何学的な彫刻のようなオブジェのようなものでもあるのですが、私たちの想像力を真に掻き立ててくれるのは、その動きです。幾何学的な形状とヒンジから成り立っているこのリング状の構造物は、内側から外側に向かって連続的に裏返すことができ、...
Type: プレスリリース
2018-12-17
概要   沖縄科学技術大学院大学(OIST、沖縄県恩納村 学長ピーター・グルース)免疫シグナルユニットの小泉真一研究員らは、免疫システムの恒常性を保つために必要な新たな分子メカニズムを明らかにしました。研究チームは、転写因子※1「JunB」が免疫反応のブレーキとして働く制御性T細胞※2の免疫抑制機能を促進することを発見しました。また、このJunBによって促進される制御性T細胞の機能は...
Type: プレスリリース
2018-12-17
(左から)佐々木大樹研究員、小泉真一研究員、石川裕規准教授
Type: 写真
2018-12-17
図2 JunBは制御性T細胞において特定の免疫抑制機能分子の発現を制御する。
Type: 写真
2018-12-17
図1 制御性T細胞のJunBを欠損したマウスは体重減少(a)および肺、大腸における過度の炎症(b)を伴う自己免疫疾患を発症する。
Type: 写真
2018-12-17
OIST数学力学と材料科学ユニットのヨハネス・シュンケ博士とエリオット・フリード教授は、新型のカライドサイクルを開発しました。新しい構造物は、...
Type: ビデオ
2018-12-13
従来型のカライドサイクル(左)は、特定の動きしかできない。ヨハネス・シュンケ博士とエリオット・フリード教授は、他のつながり方をしたリング状構造物が、同様の特性を持つかどうかを研究し、結果として今回のメビウス・カライドサイクル(右)が完成した。
Type: 写真
2018-12-13
ヨハネス・シュンケ博士とエリオット・フリード教授は、7つ以上のヒンジを持つ新型のカライドサイクルを開発した。主要課題の1つは、7つ以上のピラミッド型のピース(左)をリング状に閉じる(右)には、どのような条件が満たされなければならないかを理解することだった。
Type: 写真
2018-12-13
折り紙や3Dプリンターを使った材料を用いて、つなぎ目の数が異なる様々なメビウス・カライドサイクルをヨハネス・シュンケ博士とエリオット・フリード教授が作製した。
Type: 写真
2018-12-13
候補配列からなる大きな系統樹を推定することで、ヒト以外の新口動物のゲノムデータから、ヒト・ブラキウリに対応する遺伝子 (太い枝で結ばれる) が判定される。
Type: 写真
2018-12-13
(左から) OISTマリンゲノミックスユニットの佐藤矩行教授と井上潤研究員。両研究者によって、遺伝子の由来を推定し、ゲノムデータを種間で比較するウェブツールが新たに開発された。
Type: 写真
Subscribe to Nicoletta Lanese