2019-01-29
肉眼では、線虫 C. elegance は、前進(左図)、後退(右図)、旋回(真ん中の図)の動きをしているように見える。 動的システムをモデル化する新しい方法により、OIST理論生物物理学ユニットとアムステルダム自由大学の研究者らは、それぞれの動きにおける微妙な差異を明らかにした。
Type: 写真
2019-01-29
OIST理論生物物理学ユニットとアムステルダム自由大学の研究者らは、話し言葉を音素に分解する時のように、線虫 C. elegance の複雑な動きをよりシンプルな構成要素に細分化する局所線形解析を行った。一番上のビデオは線虫の動作の一部を示しており、これが逆方向、旋回、前進の動きに分けられる(下図参照)
Type: ビデオ
2019-01-29
  動物の行動を研究する科学者にとって、最もシンプルな神経回路をもつ線虫であっても、その行動を理解するのは大変困難な作業です。這いまわる虫、群がる鳥、歩行する人間の動きは、刻一刻と変化し、全てを裸眼で捉えることは不可能です。しかしこの度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)とアムステルダム自由大学の研究者らは、この動的なふるまいを、理解可能な動きの集合体ごとに解析する方法を開発しました...
Type: ニュース記事
2019-01-23
The Energy Materials and Surface Sciences Unit has resolved a fundamental weakness in a promising solar technology known as Perovskite Solar Cells, or PSCs. Their innovations appear to improve both...
Type: メディアリンク
2019-01-22
  沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らは、将来有望な太陽電池技術として知られているペロブスカイト太陽電池(PSC)の根本的弱点を解決しました。今回の技術革新により、デバイスの安定性と拡張性が一気に向上したことで、PSC市場導入の鍵となるかもしれません。   この第三世代の太陽電池は、太陽光を使用可能な電気に効率的に変換し、...
Type: ニュース記事
2019-01-22
(左から)エネルギー材料と表面科学ユニットの大野ルイス勝也博士、ゾンハオ・リウ博士、ヤビン・チー准教授、デヨン・ソン博士、ロンビン・チュウ博士、スース―・ホォー博士
Type: 写真
2019-01-22
フレキシブルな材料から作製した太陽電池のシートを手に掲げるロンビン・チュウ博士。エネルギー材料と表面科学ユニットでは、家庭にも簡単に導入できる発電するカーテンなどのソーラー技術開発を目指す。
Type: 写真
2019-01-22
(左から)ヤビン・チー准教授、論文筆頭著者のロンビン・チュウ博士、ゾンハオ・リウ博士が新たなペロブスカイト太陽電池モジュールのプロトタイプを披露。異なる材料を組み合わせることで、同タイプの太陽電池よりも3倍の寿命を持つようになった。
Type: 写真
2019-01-22
エネルギー材料と表面科学ユニットは、最適化された安定性と効率を備えた新しいペロブスカイト太陽電池モジュールを作製。プロトタイプは、写真にある小型扇風機の動力源となっている。
Type: 写真
2019-01-11
概要   沖縄科学技術大学院大学(以下、「OIST」という。沖縄県恩納村 学長ピーター・グルース)分子遺伝学ユニットの研究者らは、海洋動物である毛顎動物(ヤムシ)の遺伝子情報をもとに、様々な方法で新たにらせん卵割動物※1の分子系統樹を作り直したところ、毛顎動物は輪形動物(ワムシ)や顎口動物などと共に、特殊な顎口を持つ動物群である「担顎動物群」を形成することが分かりました。本成果により、...
Type: プレスリリース
2019-01-04
毛顎動物(ヤムシ)は、緻密なタンパク質のマトリックスとキチンと呼ばれる繊維質から構成される特徴的な顎の構造を有します。この動物の発生学的および形態学的特徴は曖昧で、系統樹上での位置づけが困難でした。
Type: 写真
2018-12-18
Dr. Johannes Schönke and Prof. Eliot Fried of the OIST Mathematics, Mechanics, and Materials Unit have introduced a new class of kaleidocycles into the world. They call them Möbius Kaleidocycles...
Type: メディアリンク
Subscribe to Nicoletta Lanese