2019-03-18
Usiigachi, a software developed by the Micro/Bio/Nanofluidics Unit, allows users to easily segment, track and analyze the migration of label-free cells. The tool can be used as an all-in-one solution...
Type: 写真
2019-03-18
細胞遊走の観察に使用する顕微鏡の横に立つ、マイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットのエイミー・シェン教授(左)とシェーフ・サイさん。博士論文研究の第一歩として、サイさんは、画像解析ができ、経時変化する細胞の動きと形態を定量化するソフトウェア「ウシーガチ」を考案した。
Type: 写真
2019-03-18
マイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットは、細胞遊走の動きをセグメント化、追跡、解析する機械学習ソフトウェアを考案した。琉球の方言で「透き写し」を意味する「ウシーガチ」と名付けられた本ソフトウェアは、既存のプログラムをはるかに超える性能を持ち、生物学や医療分野での幅広い応用が期待される。
Type: ビデオ
2019-03-18
 成長中の赤ちゃんから高齢者まで、私たちの体は絶えず動き回る多くの細胞で構成されています。私たちが仕事のために会社に通勤するように、細胞もそれぞれの役割を果たすため、体内を遊走しています。これまで、細胞の遊走や形態の経時変化を定量化することは困難でしたが、この度沖縄科学技術大学院大学(OIST)で、それを可能にするツールが考案されました。  研究者らは、機械学習を用いて、...
Type: プレスリリース
2019-03-15
The Marine Genomics Unit has decoded the genome of the popular brown seaweed ito-mozuku (Nemacystus decipiens), providing data that could someday be critical to local farmers.  The study,...
Type: メディアリンク
2019-03-15
Using machine learning, researchers in the Micro/Bio/Nanofluidics Unit designed a software to analyze microscopic snapshots of migrating cells. They named the software Usiigaci, a Ryukyuan word that...
Type: メディアリンク
2019-03-05
Prof. Keiko Kono of the Membranology Unit co-authored a new study unpacking the intricacies of mitosis. She and her colleagues discovered that cyclin-dependent kinase 1, or Cdk1, maintains just...
Type: メディアリンク
2019-02-26
河野恵子准教授(右から三番目が) が率いる膜生物学ユニットの研究者ら。この度、細胞分裂中に膜に過剰な皮質張力があるとどうなるかについて調べた研究について、Nature Communicationに研究成果を掲載した。
Type: 写真
2019-02-20
Researchers in the Brain Mechanism for Behaviour Unit uncovered abnormal brain activity patterns that may contribute to the symptoms of Parkinson's disease. Parkinson’s disrupts the basal ganglia, a...
Type: メディアリンク
2019-02-18
OIST研究者らはパーキンソン病における脳の活動異常について調べたところ、パーキンソン病のモデルマウスで、線条体ニューロンが同調しながら活動し、大脳基底核の活動全体を制御していることを突きとめた。実験では、線条体ニューロンに連続光による刺激を与えると、異常な症状が現れる一方、パルス光を照射すると、脳の活動が正常に戻ることが分かった。
Type: ビデオ
2019-02-18
行動の脳機構ユニットの研究者らは、パーキンソン病モデルマウスの脳に刺激を与え、異なる入力パターンに線条体ニューロンが異なる反応を示すことを確認。本研究結果は、パーキンソン病の脳の活動パターンがどう変化し、特徴的な症状を引き起こすかを解明するのに役立つかもしれない。
Type: 写真
2019-02-18
線条体アウトプットニューロンに連続光による刺激を与えると、マウスはパーキンソン病のマウスモデル特有の動きである、一方向への回転を開始。一方、パルス光を照射すると、マウスの脳の活動は正常に戻り、マウスは逆方向に回転した。
Type: 写真
Subscribe to Nicoletta Lanese