2019-04-16
 透き通るクラゲ、色とりどりのサンゴ、海底でたゆたうイソギンチャク。見た目は全く異なりますが、これらはすべて動物の系統樹の中で同じ部類に属しています。実は、クラゲも成長の初期段階では、サンゴやイソギンチャクのように海底に固着しています。この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者たちは、クラゲが固着の段階を卒業し、海中へと泳ぎ出すための遺伝子群を突き止めました。  ...
Type: プレスリリース
2019-03-27
OISTマリンゲノミックスユニットの研究者らは、沖縄県恩納村漁業協同組合から提供された海ぶどうのゲノムを解読した。 写真は、健康な海ぶどう(左)と、生育不良の海ぶどう(右)
Type: 写真
2019-03-26
概要  沖縄科学技術大学院大学(OIST、沖縄県恩納村 学長ピーター・グルース)は、OISTの諸活動が沖縄県及び我が国経済にどの位の経済効果※1を与えているかの調査を初めて実施し、公表しました。 調査では、2017年度末における、OISTの経済波及効果が、我が国全体に対して430億円余、沖縄県経済に対して306億円余であることを示しました。  ...
Type: プレスリリース
2019-03-26
産業連関表 総務省が作成対象年次における我が国の経済構造を総体的に明らかにするとともに、経済波及効果分析や各種経済指標の基準改定を行うための基礎資料を提供することを目的に作成しており、一定期間(通常1年間)において、財・サービスが各産業部門間でどのように生産され、販売されたかについて、連鎖的なつながりを表したもので、産業連関表の仕組みを利用して、...
Type: 写真
2019-03-26
大学立地がもたらす経済効果 文部科学省は平成19(2007)年に「地方大学が域に及ぼす経済効果分析報告書 (財団法人日本 経済研究所 )」において、大学立地の効果分析方法の方法について検討しており、定量的な経済効果の把握の手法として、産業連関分析による経済波及効果を検証している。大学が地域に立地することにより、期待される効果は社会的・経済的な多岐にわたる事項が想定されている。
Type: 写真
2019-03-25
OISTの研究者らが海ぶどうの全ゲノム解読に成功しました。その複雑な形態と独特の歯触りは、この単細胞生物に特異的な遺伝子セットによって実現されていることが示唆されました。
Type: ビデオ
2019-03-25
海ぶどうがたっぷり乗った人気のメニュー、海ぶどう丼。
Type: 写真
2019-03-25
本研究の著者ら。左から佐藤矩行教授、久田香奈子技術員、有本飛鳥研究員、新垣奈々リサーチサポートリーダー、西辻光希研究員
Type: 写真
2019-03-20
 沖縄では亜熱帯の海岸線に沿って海藻の養殖が盛んに行われており、年間の生産量は数万トンにのぼります。しかしながら、海水温の上昇などにより生産量が安定しておらず、新たな養殖技術の確立が喫緊の課題となっています。この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者と恩納村漁業協同組合のグループは、健康食材として人気の高い海藻、イトモズクのゲノム(全遺伝情報)の解読に成功しました。...
Type: ニュース記事
2019-03-20
本研究論文の共同著者である恩納村漁業協同組合の方と、マリンゲノミックスユニットの研究者たち。左から銘苅宗和氏(恩納村漁協)、川満真由美技術員(OIST)、有本飛鳥研究員(OIST)、西辻光希研究員(OIST)、比嘉義視氏(恩納村漁協)、佐藤矩行教授(OIST)
Type: 写真
2019-03-20
褐藻の一種であるモズク類は、他の海藻類をはるかにしのぐ量のフコイダンを含む。中でも大きな藻体を形成するイトモズク「恩納1号」は、歯ごたえとぬめりの両方が強い特徴を持つ。(写真提供: 恩納村漁協 銘苅宗和)
Type: 写真
2019-03-18
Usiigachi, a software developed by the Micro/Bio/Nanofluidics Unit, allows users to easily segment, track and analyze the migration of label-free cells. The tool can be used as an all-in-one solution...
Type: 写真
Subscribe to Nicoletta Lanese