2016-09-23
  子供達は、成功と失敗を繰り返して成長し、それは簡単なことではありません。時には、どのような行動が成功につながり、どのような行動が失敗につながるか明白でないこともあります。そのため、親や教師などは、児童の行動に対し、褒めたり、注意をしたりなど様々なフィードバックを与え、子供たちの成長を助けるのです。基本的には、私たちは報酬を得られる行動を繰り返し、罰を受ける行動を避けます。しかし、...
Type: ニュース記事
2016-09-23
ADHDを持つ児童は、繰り返しの失敗の体験に対し、敏感に反応するようです。
Type: 写真
2016-08-30
   細菌をよく観察してみると、体からべん毛と呼ばれる長い毛のようなものがのびているのが分かります。べん毛は、細菌の推進力を発生させる重要な機能で、科学者はこれを「運動性」と呼んでいます。細菌はこのべん毛をプロペラのように回転させ、環境中を泳ぎまわることができます。べん毛の数は個々の細菌によって異なり、「運動性」と「感染」との間には明らかな相互関係が存在することからも、...
Type: ニュース記事
2016-08-29
OISTに新たに導入されたロボットが実現する高精度な試料調整により、生命科学の実験結果の再現性が飛躍的に向上します。
Type: ビデオ
2016-08-29
2016年8月 ナノ粒子技術研究ユニット(ムックレス イブラヒム・ソーワン教授)
Type: ビデオ
2016-08-17
  サンゴ礁はデリケートな生態系であり、気候変動や人為的な活動によって危機に瀕しています。水中環境の再生は、通常健康なサンゴ礁から傷ついたサンゴ礁に、サンゴを移植することによって行われます。しかしこのやり方は問題となる可能性があります。というのも、この方法ではサンゴ礁におけるそれぞれの地域的な特徴を見過ごし、サンゴの遺伝的な多様性を損なう可能性があるからです。  ...
Type: ニュース記事
Subscribe to フォンタナ・ミケレ