2020-08-11
記憶は私たちのアイデンティティの中核をなしています。様々な意味で、記憶は私たちの人生の記録だということができます。出来事や会話、人々、事実を記憶する能力は、私たちが周りの世界にどのように反応するかの重要な部分を形成しています。記憶はまた、過去の教訓や警告を思い出させる役割を持ち、それによって私たちは時に笑い、時に恐怖に身をすくめるのです。このように記憶は重要であるにもかかわらず、...
Type: ニュース記事
2020-07-27
1ミリメートルの1000分の1しかないナノ粒子は、非常に小さいため、私たちの肉眼で見ることはできません。しかし、サイズは小さくても、多くの点で非常に重要な役割を果たしています。例えばDNAやタンパク質、ウイルスを詳しく調べるのであれば、ナノ粒子を分離して観察することが不可欠です。 ナノ粒子を捕捉するには、強電磁場が発生するポイントにレーザービームを強収束させる必要があります。...
Type: ニュース記事
2020-07-16
海洋プランクトンは、海における漂流者です。プランクトンには、藻類、動物、細菌、原生生物があり、潮流と海流によって漂っています。多くのプランクトンは肉眼ではほとんど観察できないくらい小さいですが、中にはクラゲのように比較的大きく成長するものもあります。 海洋プランクトンの多様性は予想をはるかに上回ります。これは何十年もの間、生態学者を悩ませてきた、海を漂流する生き物についての一つの事実です。...
Type: プレスリリース
2020-06-24
4万年前までは、私たちはこの地球上で唯一の人類というわけではありませんでした。ヨーロッパの大草原地帯ではネアンデルタール人が歩き回り、デニソワ人はアジア中に広がっていました。インドネシアには小型の人類「ホビット」が、アフリカには他に少なくとも3種のヒト族が存在していたのです。これらの初期人類は多くの点で現代人と似ていたことがわかっています。彼らは比較的大きな脳を持ち、狩猟採集社会に住み、...
Type: ニュース記事
2020-06-17
目覚まし時計の光る文字盤、非常口の標識はおそらく誰にでもなじみがあるものでしょう。このように光を蓄えて暗闇で光る蓄光機能は何十年も前から存在し、、暗い場所で重要な情報を見えるようにしたりするなど、さまざまな用途で用いられています。蓄光材料の多くはレアメタルや、摂氏1,000度以上の高熱処理など複雑な製造プロセスを必要とする無機化合物でできています。 しかし、沖縄科学技術大学院大学(OIST)...
Type: ニュース記事
2020-06-17
Type: 写真
2020-05-19
歯磨き粉やフェイスクリーム、ヘアジェル、マヨネーズ、ケチャップなど家庭でお馴染みの品について、深く考えているような人はあまりいないかもしれませんが、流動挙動という点から見ると、これらは実に珍しい性質を持っています。こうした品々はすべて弾粘塑性材料であり、静止状態では固体のようにふるまいますが、十分な力が加えられると液体のような流動に変わります(この現象を降伏という)。...
Type: プレスリリース
2020-05-08
日常生活における物質の動きは予測・予想ができるものです。ボールを投げると、特定の方向へ移動し、予測可能な反跳を示すと推測できます。さらに、ある物体にかかる力は、離れて独立した別の物体に影響を与えることはありません。 しかし、極めて小さな物体の物理学である、量子力学の法則は、これとは全く異なります。1、2および3粒子系では、1ヵ所で生ずる作用が遠く離れた原子に大きな影響を与えうるのです。...
Type: ニュース記事
2020-04-22
生命がどのように進化したかを研究するには、通常では化石に刻まれた記録を調べることが多いですが、これらの記録は不完全であることが多々あります。沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者は、国際共同研究チームをリードして、われわれ脊椎動物の過去についての手掛かりを明らかにするために化石記録以外のツール、すなわち現生動物の染色体に着目してきました。...
Type: プレスリリース
2020-04-20
日本においても沖縄においても、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が広がっています。ソーシャルディスタンシングや外出自粛などの励行が重要なことはもちろんですが、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者たちが、自らの専門性を生かし、沖縄社会に貢献すべく全力で活動しています。 N95レベルのマスクを綿あめ製造機で フェイスマスクなど必要な防護具の材料の不足を引き起こしている現状を憂い...
Type: ニュース記事
2020-04-14
沖縄科学技術大学院大学(OIST)、長崎大学及び大阪大学による共同研究チームは、歯周病の病原細菌に焦点を当てた研究により、細菌が宿主に付着するための装置である線毛のユニークな形成機構を明らかにしました。同研究成果は、細菌学に新たな知見を与えると共に、この細菌が関連する疾患との闘いへの極めて重要な一歩です。...
Type: プレスリリース
Subscribe to ディッキー・ルシー