2021-07-02
ダンゴイカ類とミミイカダマシ類は、世界各地の海に生息する小さな海洋無脊椎動物で、研究に有用なモデル動物でもある。 ダンゴイカ類は68種、ミミイカダマシ類は5種が確認されているが、それら分化した時期は明らかになっていない。 OISTは、広島大学やアイルランド国立大学ゴールウェイ校の研究チームと共に32種のダンゴイカ類やミミイカダマシ類を採取した。 進化における各種の関係を推定するために、...
Type: プレスリリース
2021-07-02
Type: ニュース記事
2021-06-22
太陽光を電気に変換する太陽電池は、長年、再生可能エネルギーとして世界的に注目されてきました。太陽電池は、その1枚1枚は非常に小さいですが、モジュールにスケールアップすることでバッテリーの充電や照明の点灯などに利用することができます。また、将来的には太陽電池モジュールを並べて建物の主要なエネルギー源として利用できるようになる可能性もあります。しかし、...
Type: プレスリリース
2021-06-08
2015年、国連サミットで「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が全会一致で採択されました。このアジェンダでは、地球とそこに住むすべての人々のための平和と繁栄という共通目標を掲げた行動計画が示されています。中核をなすのが、17の持続可能な開発のための目標(SDGs)で、ジェンダー平等や貧困の撲滅、陸上資源の保全など、広範な分野を網羅しています...
Type: プレスリリース
2021-06-04
沖縄科学技術大学院大学(OIST)海洋気候変動ユニットの研究チームは、筑波大学、琉球大学、イタリアのパレルモ大学およびニューカレドニアのFrench Institute for Research and Development (IRD)と共に日本学術振興会(JSPS)...
Type: ニュース記事
2021-05-28
Apple Podcasts、Google Podcasts、SpotifyなどでOISTのポッドキャストをご登録ください。 科学、技術、工学、数学(STEM)の分野では、...
Type: ニュース記事
2021-05-26
2021年5月21日、沖縄科学技術大学院大学(OIST)で第3回学位記授与式が開催され、41名の卒業生の門出を祝福しました。今回の式典は、例年とは異なる形式で執り行われました。2020年度と2021年度の両年度の卒業生を対象としていたこと、そして、多くの卒業生がライブ配信で参加するなど、会場とオンラインの両方で行われたことがその主な違いです。式典を準備・運営したのは、OISTの研究科です...
Type: ニュース記事
2021-05-19
人類が直面している大きな課題に立ち向かうためには、社会のあらゆる分野からの多様な視点や経験、そして専門知識が必要とされることは皆が同意するでしょう。しかし、科学・技術・工学・数学(STEM)の分野における女性研究者の割合は、世界で30%未満に留まり、多様性に欠けています。さらに日本では、この割合は20%以下となっています。 この格差を解消するため、ニューヨークに拠点を置く非営利団体の...
Type: プレスリリース
2021-05-13
Type: ニュース記事
2021-05-11
去る4月6日と7日の両日、沖縄科学技術大学院大学(OIST)と理化学研究所(理研)は、各機関が取り組んでいる生態学研究に焦点を当てた「第1回OIST-理研合同シンポジウム」をOISTキャンパスで開催しました。 このシンポジウムは、日本と世界の学術および科学技術の振興と人材育成を促進するために...
Type: ニュース記事
2021-04-27
本研究のポイント OISTの生物システムユニットの研究チームは、養豚原水と曝気処理水の両方を処理する装置を開発した。 同装置では、細菌群が養豚原水に含まれる有機物と曝気処理水に含まれる硝酸とリンを除去する。 同装置は容易に組み立てられ、メンテナンスが少なくて済む。 実験室および沖縄の養豚場の両方で行われた実証実験で、同装置が機能することが示された...
Type: ニュース記事
2021-04-16
新型コロナウイルス感染症についての説明はもはや必要ないでしょう。SARS-CoV-2というウイルスによって惹き起こされる感染症が、昨年から全世界に拡散しています。2021年3月末時点での記録によると、推定1億2800万人が同ウイルスに感染し、そのうちの約300万人が死亡に至っています。科学者や政治家がワクチンの開発や配布に奔走する一方で、...
Type: ニュース記事
Subscribe to ディッキー・ルシー