2021-04-27
本研究のポイント OISTの生物システムユニットの研究チームは、養豚原水と曝気処理水の両方を処理する装置を開発した。 同装置では、細菌群が養豚原水に含まれる有機物と曝気処理水に含まれる硝酸とリンを除去する。 同装置は容易に組み立てられ、メンテナンスが少なくて済む。 実験室および沖縄の養豚場の両方で行われた実証実験で、同装置が機能することが示された...
Type: ニュース記事
2021-04-16
新型コロナウイルス感染症についての説明はもはや必要ないでしょう。SARS-CoV-2というウイルスによって惹き起こされる感染症が、昨年から全世界に拡散しています。2021年3月末時点での記録によると、推定1億2800万人が同ウイルスに感染し、そのうちの約300万人が死亡に至っています。科学者や政治家がワクチンの開発や配布に奔走する一方で、...
Type: ニュース記事
2021-04-01
ポイント 「ポケモンGO」に登場するポケモン「ガルーラ」は、オーストラリア限定のポケモン。ポケモントレーナーは、彼らその「ガルーラ」を密猟してバトルで戦わせることがよくある。 本研究では、実際の研究で使われるいくつかの種分布モデルのアルゴリズムを用い、既存の人為的影響に加えて気候変動が起こると、将来的にガルーラの分布にどのような影響が出るかを予測した。...
Type: プレスリリース
2021-03-19
生物の行動を支える脳の活動に関する研究からどのようなことがわかるのでしょうか。例えば、タコや頭足類、ツツイカなど、面白い行動を取る海洋無脊椎動物群の鞘形亜綱を例に取ってみましょう。コウイカは、色や形、質感を一瞬のうちに変化させて周囲の景色に溶け込みます。タコは、8本の足を器用に動かして、瓶を開けるなどの複雑なタスクをこなします。ツツイカは、思考によって皮膚の模様を変化させ、...
Type: ニュース記事
2021-03-05
新しい建物の設計から車両での移動時間の計算まで、数式は私たちの世界のあらゆるところで使われています。数字と、確立された数式を利用すれば、あらゆるバックグラウンドを持つ多種多様な人々が生産性と効率性を高めるプロセスを作ることができます。しかし、数学の優れた点は、直接観察可能な世界を越えて、実際には手の届かない空間にまで踏み込んでいくことができることです。このような大まかな構造を研究するために、...
Type: ニュース記事
2021-02-25
1月30日(土)に行われた毎年恒例の沖縄科学技術大学院大学(OIST)サイエンスフェスタは、新型コロナウィルスの影響を受けて、初めてオンラインでの開催となり、例年とは少し異なる形式で開催されました。 ソーシャルディスタンスが保たれるよう配慮した上で行った科学ビデオの録画配信とライブ生配信を組み合わせたオンライン版となりました。 ライブ配信では、...
Type: ニュース記事
2021-02-22
ポイント 成長が早いミドリイシ属のサンゴは、サンゴ礁の形成および海岸の保護などに重要な役割を果たしているが、地球規模の環境変化により減少傾向にある。 ミドリイシ属の1種のサンゴには、茶色、黄緑色、紫色の3色の種類があり、それぞれが高温に対して異なる反応を示す。 本研究において、異なる色のサンゴに発現するタンパク質の違いが、環境の変化に対する耐性に関係しているかどうかを調べた。...
Type: プレスリリース
2021-02-08
清光智美准教授は、沖縄科学技術大学院大学(OIST)で、最大の細胞小器官の一つである紡錘体の研究を行っています。 2020年4月にOISTに着任し、細胞分裂動態ユニットを率いることになった清光准教授は、...
Type: ニュース記事
2021-02-02
沖縄科学技術大学院大学(OIST)の新たな研究によると、流体が障害物を避けて通過する際、その経路は障害物同士の間隔によって変化するという意外な無作為性があることが判明しました。この発見は、原油採収や地下水の浄化から、生体システムを通過する流体の動きの理解まで、さまざまな場面で重要な意味を持ちます。本研究は、...
Type: プレスリリース
2021-01-25
2021年1月15日に、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の2020年度新入生歓迎式典が行われました。新入生は、1126人の応募者の中から選ばれた18の国と地域からの62名で、2012年にOISTの博士課程プログラムが始まって以来、最多となります。 2020年は、博士課程の開始には厳しい年でした。新型コロナウイルス感染症のため、通常9月に開催される式典は1月に延期を余儀なくされました。...
Type: ニュース記事
2021-01-20
ポイント 本研究では、脳の一部である大脳基底核に存在するニューロンを調べた。大脳基底核は、損傷を受けると人の運動能力に深刻な影響を与え、一見簡単な「手を伸ばして握る」という動作が非常に困難になることがある。 研究員たちは大脳基底核上に存在する線条体のD1直接路出力ニューロンとD2間接路出力ニューロンに注目して研究を行った。 これらのニューロンは、...
Type: プレスリリース
2020-12-24
沖縄科学技術大学院大学(OIST)の量子技術のための光・物質相互作用ユニットは、沖縄周辺の海に小さなマイクロプラスチックが存在することを研究で明らかにしました。この研究は...
Type: プレスリリース
Subscribe to ディッキー・ルシー