2021-02-25
1月30日(土)に行われた毎年恒例の沖縄科学技術大学院大学(OIST)サイエンスフェスタは、新型コロナウィルスの影響を受けて、初めてオンラインでの開催となり、例年とは少し異なる形式で開催されました。 ソーシャルディスタンスが保たれるよう配慮した上で行った科学ビデオの録画配信とライブ生配信を組み合わせたオンライン版となりました。 ライブ配信では、...
Type: ニュース記事
2021-02-22
ポイント 成長が早いミドリイシ属のサンゴは、サンゴ礁の形成および海岸の保護などに重要な役割を果たしているが、地球規模の環境変化により減少傾向にある。 ミドリイシ属の1種のサンゴには、茶色、黄緑色、紫色の3色の種類があり、それぞれが高温に対して異なる反応を示す。 本研究において、異なる色のサンゴに発現するタンパク質の違いが、環境の変化に対する耐性に関係しているかどうかを調べた。...
Type: プレスリリース
2021-02-08
清光智美准教授は、沖縄科学技術大学院大学(OIST)で、最大の細胞小器官の一つである紡錘体の研究を行っています。 2020年4月にOISTに着任し、細胞分裂動態ユニットを率いることになった清光准教授は、...
Type: ニュース記事
2021-02-02
沖縄科学技術大学院大学(OIST)の新たな研究によると、流体が障害物を避けて通過する際、その経路は障害物同士の間隔によって変化するという意外な無作為性があることが判明しました。この発見は、原油採収や地下水の浄化から、生体システムを通過する流体の動きの理解まで、さまざまな場面で重要な意味を持ちます。本研究は、...
Type: プレスリリース
2021-01-25
2021年1月15日に、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の2020年度新入生歓迎式典が行われました。新入生は、1126人の応募者の中から選ばれた18の国と地域からの62名で、2012年にOISTの博士課程プログラムが始まって以来、最多となります。 2020年は、博士課程の開始には厳しい年でした。新型コロナウイルス感染症のため、通常9月に開催される式典は1月に延期を余儀なくされました。...
Type: ニュース記事
2021-01-20
ポイント 本研究では、脳の一部である大脳基底核に存在するニューロンを調べた。大脳基底核は、損傷を受けると人の運動能力に深刻な影響を与え、一見簡単な「手を伸ばして握る」という動作が非常に困難になることがある。 研究員たちは大脳基底核上に存在する線条体のD1直接路出力ニューロンとD2間接路出力ニューロンに注目して研究を行った。 これらのニューロンは、...
Type: プレスリリース
2020-12-24
沖縄科学技術大学院大学(OIST)の量子技術のための光・物質相互作用ユニットは、沖縄周辺の海に小さなマイクロプラスチックが存在することを研究で明らかにしました。この研究は...
Type: プレスリリース
2020-12-22
ニューロンは、私たちの脳の電気配線のようなもので、外界からの情報を受信し、その情報を身体の他の部分に伝える役割を担っています。ニューロンが正しく機能するためには、ニューロン同士が「会話」をする必要があり、それはニューロン間の接続部として機能する特殊な構造物であるシナプスを介して行われます。シナプスはニューロン同士をつなぐだけでなく、このネットワーク内を流れるすべての情報を受信し、処理し、保存し、...
Type: プレスリリース
2020-12-14
2020年3月に沖縄科学技術大学院大学(OIST)に着任した高橋優樹准教授は、量子情報物理実験ユニットを率いて、イオントラップと呼ばれるデバイスの研究を行っています。高橋准教授は東京大学で量子光学の博士号を取得し、英国でポスドクとして8年間研究を続けた後に帰国。OIST着任直前は、大阪大学で特任研究員を務めていました。 OISTへの応募を決めたことについて、「...
Type: ニュース記事
2020-12-07
「肉食植物」と言えば、人間を食べる恐ろしい植物のイメージが頭に浮かぶかもしれませんが、実際には、ホラー映画に出てくるような植物よりもはるかに小さな植物です。それでも生態学者のデイヴィッド・アーミテージ准教授にとっては、肉食植物は映画と同じくらい興味深い存在です。これらの植物は、虫に食されるのではなく、逆に、変化した葉で捕らえた昆虫やその他の生物から栄養分の一部を得ており、人間と同様、...
Type: ニュース記事
2020-10-22
太平洋を約8,000km隔てているにもかかわらず、沖縄とハワイの人々には、多くの共通点があります。ともに小さな島々からなる群島から成っているということは、生活が陸と海の両方に支えられていることを意味します。また、環境及び経済面でサスティナビリィティ(持続可能性)が重要であること、そして資源を大切にする人材を育てていくことが重要である、という認識を共有しています。 さらに、...
Type: ニュース記事
2020-10-19
アリは地球上で最も成功している動物のグループの一つで、温帯土壌から熱帯雨林、砂漠砂丘、さらにはあなたの家の台所まで、あらゆる場所に生息しています。アリは社会性昆虫であり、そのチームワーク力は、長い間アリの成功の重要な要因の一つとされてきました。アリは自分の体重の何倍もの物を持ち上げたり、引っ張ったりして巣に持ち帰ることができることはよく知られています。しかし、...
Type: プレスリリース
Subscribe to ディッキー・ルシー