2016-05-05
 遺伝子の発現は、スイッチのようにオンとオフを切り替えたり、調整つまみのように発現の度合いを微調整することができます。沖縄科学技術大学院大学(OIST)ゲノム・遺伝子制御システム科学ユニットに所属するガース・イルズリー(Garth Ilsley)博士は、遺伝子発現制御を予測できる数学モデルを開発しました。実験的にはショウジョウバエの胚の遺伝子発現を調整する技術を導入し、...
Type: プレスリリース
2016-04-29
 沖縄科学技術大学院大学(OIST)光・物質相互作用ユニットのシーレ・ニコーマック准教授らは、このたび、ガラスマイクロレーザーを作製し、それらを圧縮空気で調整する新技術を開発しました。本研究成果は、ネイチャー・パブリッシング・グループが発行する電子ジャーナル「Scientific Reports...
Type: ニュース記事
2016-03-31
 冷たくて美味しい飲み物を口にするとき、大抵の人はコップに入った氷の中で何が起きているかを考えたりはしないでしょう。沖縄科学技術大学院大学(OIST)量子理論ユニットのニック・シャノン准教授らは、このたび、ある2つの実験に基づいた詳細な理論を打ち立て、氷中の陽子の振る舞いを明らかにし、アメリカ物理学会発行の学術誌「...
Type: ニュース記事
2016-03-30
グラフ中の線は中性子散乱実験で中性子が氷中を通過する際のエネルギーと運動量の減衰量の関係を示している。色の付いた部分は光子が出現する可能性を測定したもの。可能性が高いものは赤、低いものは青で表示。
Type: 写真
2016-03-30
トンネル効果により変化した陽子の配置。水素陽子(白球)は別の場所へ飛び移ることができるため、水素と酸素の長い水素結合と短い共有結合が水氷の六角形の結晶中で入れ替わっている。
Type: 写真
2016-03-30
OISTの研究チームは、X線実験や中性子散乱実験でみられた陽子のパターンを理論的に説明した。マップ上に黒い円で表示しているピンチポイントは、水氷中の陽子が局所的には秩序だった並びであるが、全体的には無秩序な配列であることを示している。
Type: 写真
2016-03-30
水氷の一般的な結晶構造。酸素(赤球)はハチの巣に類似した六角形の配列。各酸素イオンは隣接した陽子(白球)と2つの短い結合と、2つの長い結合を形成している。各結合に陽子が必ず1つ、各酸素イオンに陽子が2つ隣接したこの構造はアイスルールに沿った形状である。
Type: 写真
2016-03-08
マイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットは医療、生物学分野での応用を視野に細胞規模での流体の操作方法を研究しています。 March 2016 マイクロ・バイオ・ナノ流体ユニット(エイミー・シェン教授)
Type: ビデオ
2016-03-08
情報処理生物学ユニットは動物がどのように環境を知覚し反応しているかを探るため、線虫C. elegansの研究をしています。 March 2016 情報処理生物学ユニット(丸山 一郎教授)
Type: ビデオ
2016-03-08
神経計算ユニットは理論的、生物学的、工学的アプローチを組み合わせ、強化学習と適応システムについて考察します。 March 2016 神経計算ユニット(銅谷 賢治教授)
Type: ビデオ
2016-03-08
生態・進化学ユニットは様々な動物モデルを使い、細胞、遺伝子レベルにおける進化のメカニズムの研究をしています。 March 2016 生態・進化学ユニット(アレキサンダー・ミケェエブ准教授)
Type: ビデオ
2016-03-08
生物多様性・複雑性研究ユニットは進化的圧力がどのように種の形成と多様性をもたらしているのかを蟻をモデルに研究しています。 March 2016 ​生物多様性・複雑性研究ユニット(エヴァン・エコノモ准教授)
Type: ビデオ
Subscribe to ディアマンテ・レティツィア