2015-06-08
Payal Shah's research into effectiveness of national parks was covered by the following outlets: Phys.org...
Type: メディアリンク
2015-06-04
 世界の森林面積は、年間およそ13万平方キロメートル、ひと月で換算すると沖縄の約6倍の面積という驚くべき速さで減少しています。森林減少を阻止するために政策立案者がよく用いる手段は、生態学的に重要なある特定の地域を保護区に指定するというものです。この度、沖縄科学技術大学院大学のパヤル・シャー博士とイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校のキャシー・ベイリス博士は、...
Type: プレスリリース
パヤル・シャー博士とキャシー・ベイリス博士
2015-06-04
セバンガウ国立公園でのパヤル・シャー博士(左)とキャシー・ベイリス博士。
Type: 写真
単一公園内での保護効果の差異
2015-06-04
クリンチスブラット国立公園全域の森林面積の増減率に対する保護効果の差異を地図に表したもの。濃緑色で示した部分が最も効果が高いのに対し、赤色で示した部分は最も効果が低い。
Type: 写真
2000~2012年にかけての森林面積の変化に対する保護効果
2015-06-04
上記の棒グラフは、研究対象とした7つの公園の保護効果を全体および個別で表したもの。縦線は、保護区が最も効果的、あるいは最も非効果的に働いた場合の推定値を表している。
Type: 写真
ペロブスカイト太陽電池
2015-06-02
現在開発中の高性能太陽電池の多くは、電気伝導率を高める微量成分を添加したspiro-OMeTADの層をペロブスカイト上に重ねたものである。
Type: 写真
2015-06-02
  次世代型太陽電池の開発では、太陽電池の最上層に針の穴ほどの小さなピンホールができてしまうことが問題となっていました。この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者たちはこのやっかいなピンホールの除去に成功しました。さらに太陽電池の顕著な長寿命化、薄型化も達成しました。本研究成果は、...
Type: ニュース記事
ピンホールが消滅
2015-06-02
spiro-OMeTAD層の原子間力顕微鏡(AFM)画像。ピンホールはスピンコート法により作製されたもの(左)には存在するが、真空蒸着法で作製したもの(右)にはみられない。
Type: 写真
真空蒸着プロセスを見守るミンチャー・チョン博士
2015-06-02
真空蒸着の様子を見守るOISTスタッフ・サイエンティストのミンチャー・チョン博士。粉状のspiro-OMeTADをチャンバー内で加熱すると、気体分子となって上昇し、雪が積もるように均一にペロブスカイト太陽電池上に堆積して薄膜を形成する。
Type: 写真
2015-05-18
 沖縄の陶工の技法は、幾世代にもわたり親方から弟子へと連綿と受け継がれてきました。沖縄特有の美しい焼き物の作り方を説明する教科書はありません。熟練した陶工は手触りや色彩、炎の形などを手掛かりに作品を生みだします。しかし今日では、現代的技法を取り入れる陶工も少なくありません。さらに、陶土として本来入手可能な地元の粘土資源の減少により、伝統的な技法に関する知識が沖縄から失われつつあります。  ...
Type: ニュース記事
窯内の器
2015-05-18
親方たちは窯詰めの際、使用した陶土の構成成分や釉薬の色によって、どの器を窯内の手前、中央、奥に置くかを決める。OISTの研究者たちは、最先端研究装置を用いて、陶土や釉薬の成分、及び窯内の温度を記録することができた。本研究は、親方たちが受け継いできた伝統的手法がどのような仕組みの上に成り立っているのかを解き明かし、後世のための確実に記録を残したことになる。
Type: 写真
窯焚きのスケジュール
2015-05-18
13 連窯を焚くには3日3晩かかる。その間、チーム交代制で寝ずに火の番をする。
Type: 写真
Subscribe to ローラ・ピーターセン