2014-04-25
Check out the LEAD story in the Science and Technology Section of The Economist this week!!!  ...
Type: メディアリンク
2014-04-22
Recent research from the Doya Unit has been written about in Popular Science! Check it out at ...
Type: メディアリンク
2014-04-21
 OISTの管内流動実験は物理学と工学分野の長年のギャップを埋めようとしています。実験施設は、ピナキ・チャクラボルティー准教授の流体力学ユニットとグスタボ・ジョイア教授の連続体物理学研究ユニットによって組立てられています。...
Type: ニュース記事
2014-04-15
 ケン・ピーチ博士には、信条としていることがあります。それは好機が訪れた時にはYesと答えることです。経験豊富なOIST評議員としてこれまで大学の発展のために貢献してきた同博士。OISTジョナサン・ドーファン学長から、OIST臨時教員担当学監の職務について聞いた時も、やりがいがあり、国際的な環境で働けるまたとない機会に挑戦してみることにしました。同博士は、...
Type: ニュース記事
2014-04-15
Type: 写真
2014-04-11
 OIST神経計算ユニットがこのほど、ロボットを使って進化のしくみに迫る論文を発表しました。銅谷賢治教授率いる同ユニットに所属するステファン・エルヴィング研究員が、サイバーローデントと呼ぶネズミ型ロボットのコロニーを用いてさまざまな交配戦略の進化について調べたもので、論文はオンラインジャーナルのPLOS...
Type: ニュース記事
2014-04-10
ロボット「サイバーローデント」を手にしたステファン・エルヴィング研究員
Type: 写真
2014-04-07
 OISTエネルギー材料と表面科学ユニットは、太陽電池の長寿命化の実現に寄与することが期待される、太陽電池の劣化現象に関する驚くべき発見をしました。太陽電池によって、化石燃料などの従来型のエネルギー源を代えていくには、コスト効率の高い新たな太陽電池を製造する必要があります。ここでコスト効率に関しては、...
Type: ニュース記事
2014-03-31
 OISTはこのほど、男女平等タスクフォースを設立しました。このタスクフォースの目的は、OISTの理念の中に男女の均等な機会及び待遇を確実に取り入れることです。本学はすでに基本的価値観(コア・バリュー)を定めており、その中で、「本学では、多様性が尊ばれ、コミュニティーに属する全ての人に対して、等しく機会が与えられる」と述べられています。このタスクフォースでは、...
Type: ニュース記事
2014-03-17
 動物は、周りの環境で何が起こっているかを感知することができなければ、生き残ることができません。ある動物は優れた視力を、またある動物は鋭い嗅覚または聴覚をもっており、これらの感覚を用いて、食べ物や交尾の相手を探し当てたり、毒や捕食者を回避しています。小さな線虫C. elegans は、嗅覚や味覚などと同様の感覚ニューロンをもち、これによってさまざまな環境条件を感知します。線虫は、...
Type: ニュース記事
2014-03-17
この論文の著者である佐々 壽浩研究員と村山孝研究員。手前にあるのが優秀論文(Plenary Article)の表彰状
Type: 写真
Subscribe to エステス・キャスリーン