2014-07-04
Research from the Computational Neurobiology Unit has been featured around the web.  ...
Type: メディアリンク
2014-07-03
 ヒトの脳は、存在するもっとも複雑なコンピュータと言えます。脳の機能を解明しようと、科学者たちは何世紀にもわたり取り組んできました。近年、ようやく技術の進歩が追いつき、脳の機能を分子のレベルで把握できる時代がやってきました。沖縄科学技術大学院大学の計算脳科学ユニットでは、...
Type: ニュース記事
2014-06-25
 物理学と神経生物学の英知を組み合わせることでパーキンソン病に取り組むことについて、OISTのケシャブ・ダニ准教授は「OIST以外ではとてもできない研究です」と、語ります。沖縄科学技術大学大学院のフェムト秒分光法ユニット...
Type: ニュース記事
2014-06-19
 ゾンビと太古のアリの共通点と言えば?それは、両方ともOISTでは研究対象であるという点です。エヴァン・エコノモ准教授率いる生物多様性・複雑性研究ユニットでは、生態・進化学ユニットと共同で、...
Type: ニュース記事
2014-06-19
ブリエル ハさんの作製したアリの頭部と第1節の3次元モデル。隣にあるコンピュータ上の3次元画像を用いて、このモデルを印刷した。
Type: 写真
2014-06-19
X線マイクロCT
Type: 写真
2014-06-19
マイクロCTにアリを挿入する準備をしているところ。
Type: 写真
2014-06-19
プラスチックのチューブに載せられたアリ。これがマイクロCTに挿入される。
Type: 写真
2014-06-17
 OIST生態・進化学ユニットの研究テーマは色々ありますが、次世代DNAシーケンシングなどの新しいテクノロジーを利用し、進化に対する理解を深めるという共通点があります。しかし、進化を研究する上で最適な題材の中には、きわめて古いもの、おそらく数十年、あるいは数世紀を経た博物館の標本が含まれます。...
Type: ニュース記事
2014-06-13
 この度、ジュリア・クシュナッディノバ准教授が新設された錯体化学・触媒ユニットの代表としてOISTに着任しました。イスラエルのレホヴォトにあるワイツマン科学研究所でポスドク研究員として活躍してきた同教授は、再生可能エネルギーや触媒に利用する新しい遷移金属錯体の設計に取り組んでいます。  クシュナッディノバ准教授は米国メリーランド州カレッジパークにあるメリーランド大学で化学の博士号を取得しました...
Type: ニュース記事
2014-06-06
A recent publication from the Mathematical Biology Unit has been featured on the web: Phys.org...
Type: メディアリンク
2014-06-05
 恐竜と数学。一見すると不自然に見える組合せですが、OIST数理生物学ユニットのロバート・シンクレア准教授と研究員たちにとっては、理にかなったごく自然な関係性を示しています。シンクレア准教授は、オーストラリアで発見された恐竜の骨を再分類した研究チームのひとりで、その研究成果は最近になって学術誌...
Type: ニュース記事
Subscribe to エステス・キャスリーン