2018-08-28
OIST光学ニューロイメージングユニットのクリストファー・ルーム博士(左)とベアン・クン准教授(右)
Type: 写真
2018-08-28
空間的および時間的に分解したプルキンエ細胞樹状突起のマップ。赤色のホットスポットは他のニューロンから樹状突起への入力を示す。ホットスポットが縦につながって赤色の線状になっている所は樹状突起樹全体が活性化されたことを示す。
Type: 写真
2018-08-28
単一のプルキンエ細胞の細胞体(上図)にピペットでANNINE染料を注入した。一般的なニューロンの細胞体は、多数の樹状突起と、軸索という1本の長いケーブル様の突起を持つ。樹状突起は入力を受けた後その情報を処理し、これを細胞体に伝達する。プルキンエ細胞が強い入力を受けると、樹状突起全体が活性化され(赤色トレース上の鋭い上向きの変化)、ニューロンにカルシウムイオンが流入する(...
Type: 写真
2018-08-16
概要    細胞は決まった周期で分裂と増殖を繰り返していますが、その周期から外れて休止している状態をG0(ジーゼロ)期といいます。筋肉、心臓、神経など、ヒト体細胞の90%以上はこれにあたります。沖縄科学技術大学院大学(OIST)G0細胞ユニット(代表:柳田充弘教授)の佐二木健一研究員らは、...
Type: プレスリリース
2018-08-15
G0期に特異的に必要な85個の遺伝子群「G0エッセンシャル(GZE)遺伝子」とG0期での増殖能維持に必須な81個の遺伝子群「スーパーハウスキーピング(SHK)遺伝子」を比較すると、GZEの中で最も増殖能低下を示した「Nem1脱リン酸化酵素」が欠如した分裂酵母株では核の変形が起きており、オートファジー(Autophagy)経路を阻害すると核の変形が改善され、増殖能も回復することがわかった。...
Type: 写真
2018-08-15
研究チーム。左から:田原由莉亜技術員、上原理沙技術員、佐二木健一研究員、柳田充弘教授、佐々木敏雄技術員
Type: 写真
2018-07-24
左から佐藤矩行教授、久田香奈子技術員、小柳亮技術員、山崎慎一技術員、藤江学技術主任、竹内猛研究員
Type: 写真
2018-07-23
  サンゴ礁では24時間、様々な生物による活動が続いています。 日中活発な魚たちは、夕暮れ時になると姿を隠し、一方で、夜間に活動する魚たちは、餌を探し回ったり、捕食活動に勤しみます。夜行性の魚は、それぞれの特徴を保ちつつ、暗闇の中での生活を営んでいます。では魚にとって暗い環境は、物の見え方にどのように影響するのでしょうか?   この疑問について、沖縄科学技術大学院大学...
Type: ニュース記事
2018-07-23
環境に適応して保護色になったり、カモフラージュできたりする魚は、非常に複雑な視蓋を持っている。
Type: 写真
2018-07-23
夜行性の魚は、光の少ない環境に適応するため、大きな眼を持つ。
Type: 写真
2018-07-23
ほとんどの場合、昼間に活発な魚の方が夜行性の魚よりも、(脳の残りの部分と比較して)大きな視蓋を持つ。
Type: 写真
2018-07-23
夜行性の魚は、日中活発な魚よりも、眼のサイズは大きくとも(脳の他の部分と比較して)小さな視蓋しかもたないことが判明した。
Type: 写真
Subscribe to ヘルレカル・イプシタ