2018-11-07
リガンドの準備について説明するOIST研究室のジュリア・クスヌディノワ准教授、プラドニア・パティル博士、学生のセバスチャン・ラポインテさん
Type: 写真
2018-11-07
銅錯体のサイズが左から右に向かって大きくなるにつれ、動きが遅くなる。 銅錯体の動きを抑制することによって、発光効率が向上する。
Type: 写真
2018-11-07
研究者は、様々なアミノ基を有するリガンドを用いて銅錯体を構築した。(左から右に):N-メチル、N-イソブチル、N-イソプロピル、N-tert-ブチル。
Type: 写真
2018-11-07
  ハロウィーンが終わり、街中のディスプレイは早くもクリスマス一色に変わりつつあります。暗闇の中で輝く装飾品の「ルミネッセンス」と呼ばれるこの不思議な輝きは、化学的および生化学的反応によるものだったり、材料中の電子が光を受けて、より高いエネルギー状態に励起されることで生じたりします。後者の発光は「フォトルミネッセンス」と呼ばれ、...
Type: ニュース記事
2018-11-01
A new study by Dr. Tokuda and Prof. Doya from the Neural Computational Unit at OIST has identified  three sub-types of depression that...
Type: メディアリンク
2018-10-30
  世界保健機関(WHO)によると、世界中で約3億人近くの人々がうつ病に罹患しており、しかもこの割合は上昇傾向にあります。しかしながら、この疾患を引き起こす原因については、まだ多くが未解明で、一般的な抗うつ薬が効かない患者もいます。   この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の...
Type: ニュース記事
2018-10-30
本研究に携わったOIST研究者の徳田智磯博士(左)と銅谷賢治教授(右)。
Type: 写真
2018-10-30
3つの異なるうつ病のサブタイプ同定に初めて成功した研究 D1:脳の特定部位の高い機能的結合と小児期のトラウマ経験の両方を持つサブタイプ D2:脳の特定部位の機能的結合度が高く、小児期のトラウマがないサブタイプ D3:脳の特定部位の機能的結合度が低く、小児期のトラウマがないサブタイプ  
Type: 写真
2018-10-12
  沖縄科学技術大学院大学(OIST)の光・物質相互作用ユニット量子システム研究ユニットの物理学者のチームが、...
Type: ニュース記事
2018-10-12
原子が光ナノファイバーの表面に近接して置かれた際、原子が発する光とそれに反跳して進む光は、はっきりとファイバーに沿った方向となる。ナノファイバーがなければ、原子からの発光と反動はランダムな方向となる。
Type: 写真
2018-10-01
A new study on commercialization of perovskite solar cells by the Energy Materials and Surface Sciences Unit  at OIST, lead by Prof. Yabing Qi  has garnered media attention. Read the...
Type: メディアリンク
2018-09-27
  太陽エネルギーは長年、化石燃料依存から脱却するため、最も持続可能な選択肢と考えられてきました。ただし、太陽エネルギーを電力に変換する技術は、効率的かつ安価でなければなりません。   この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の...
Type: ニュース記事
Subscribe to ヘルレカル・イプシタ