2017-03-31
   子どもの遊びやアート・パフォーマンスなどでおなじみの光り輝くシャボン玉は、はかなく、数秒もすると弾けてしまう薄い膜です。しかし、このシャボン玉には表面積を最小に保とうとする性質があり、遊びの域を越えて シャボン玉は、極小曲面という数学的問題の物理的な具体例になっています。沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究員らは、柔軟性のある枠に張られた石けん膜を用いて、...
Type: ニュース記事
2017-03-24
   実際のニューロンを研究対象とする実験系の神経科学者とは異なり、神経計算科学者は、シミュレーションモデルを使用して脳の機能を調べます。多くの神経計算科学者たちがニューロンの簡素化された数学モデルを使用する中、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の計算脳科学ユニット...
Type: ニュース記事
2017-03-09
   マグネットボールは、物理学の分野において、数多くの根本的な現象を探求するための魅力的な手段です。鎖やもっと複雑な構造を手で簡単に組み立てることができたり、例えば紙のように、伸び縮みしない性質のものが一定の負荷条件のもとでくしゃくしゃになるといった特性をモデル化するのにも使うことができます。   ...
Type: ニュース記事
2017-03-09
Prof. Pinaki Chakraborty, head of the Fluid Mechanics Unit and Dr. Tapan Sabuwala of the ...
Type: メディアリンク
2017-03-07
 概要   沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究員らは、米国ニュージャージー州ラトガース大学と共同で、小惑星イトカワの表面の岩や砂礫(砂や小石)がふるいわけられる仕組みを研究しました。その結果、これまで謎とされていたイトカワの特殊な地形が、小さな砂礫が大きな岩にぶつかると大きく跳ね返り、砂礫の多い場所では砂礫の中に沈み込むためにできているという説を提示し、これを「反跳選別(...
Type: プレスリリース
2017-03-07
(左から)OIST連続体物理学研究ユニットのタパン・サブワラ博士と流体力学ユニットのピナキ・チャクラボルティー准教授
Type: 写真
2017-03-01
   この度、4名の新たな教員がOISTに着任することになりました。(写真左から) シモーネ・ピゴロッテ准教授(アジャンクト)は7月に、パオラ・ラウリーノ准教授(アジャンクト)及びアナスタシア・ツヴィエットコーヴァ准教授(アジャンクト)は9月からそれぞれフルタイムの准教授として着任します。谷淳准教授は、教授(アジャンクト)として既にOISTの教員に加わりました。これらの教員は...
Type: ニュース記事
2017-02-23
   このたび、沖縄科学技術大学院大学のロバート・シンクレア准教授が、ヘルシンキ大学のDennis Bamford教授およびJanne Ravantti博士と共同で、ウイルスの構造に基づいたウイルス分類システムの有用性を裏付けることに成功しました。    研究チームは、新たな高精度計算ツールを試作し、類似した外部構造をもつウイルス間では、...
Type: ニュース記事
2017-02-23
アデノウイルスの3次元画像。アデノウイルスは、二本鎖DNAを含む20面体カプシドをもつ中型サイズのウイルス。同ウイルスはヒトの免疫システムを低下させ、一般的な風邪から生命を脅かす多臓器障害までさまざまな疾患を引き起こします。
Type: 写真
2017-02-22
Researchers in OIST's Human Development Neurobiology Unit have recently published a paper in...
Type: メディアリンク
Subscribe to キーナン・グレタ