2019-04-12
ラポインテさんの手の平に置かれた結晶と、背景のパソコンの画面にかすかに映っている分子構造。結晶とは、同一方向に向いている分子の繰り返し構造であり、さらにX線回折装置を使用することにより、その分子の正確な分子構造が得られる。 このテクニックは化学において最も有用な測定の一つで、毎日X線回析装置を使えることはありがたい。
Type: 写真
2019-04-12
博士課程学生のセバスチャン・ラポインテさんが見せる実験後の溶液。 溶液は約1週間冷蔵庫に入れ、 時間の経過とともに結晶が形成される。上部に結晶化した金属錯体が見える。 瓶の底にも複数の結晶が見られる。
Type: 写真
2019-04-12
還元剤を投入してからしばらくすると、溶液は濃い赤色に変わるが、ろ過して精製する必要がある。 これをもって純粋な最終生成物が得られる。 「今回の研究では、我々の開発した配位子を用いると、還元反応による複雑で望ましくない副反応が抑えられると同時に、金属が容易に還元できることが明らかとなりました。 今度は、非常に反応性の高い錯体が、酸素やその他の小分子とどのように反応するかを研究します。」
Type: 写真
2019-04-12
同じ還元剤使用前の、わずかに大きいサイズのニッケル(II)分子を含む別の溶液
Type: 写真
2019-04-12
還元剤を加えてから数秒後、黄色の溶液が褐色に変化。 この色の変化は分子間で反応が起きていることを意味する。 「色の変化を観察することは、還元反応によって分子構造が変化していることを確認するための、非常に面白い方法です。金属錯体は多種多様な色を示します。これは、私が大の化学好きである理由の1つです。」とセバスチャン・ラポインテさんはコメントしています。
Type: 写真
2019-04-12
左側の2つの粉末は、反応前のニッケル(II)分子で、右側の2つは反応後の最終的に生成されたニッケル(I)。 ニッケル(II)分子の色は、単純に配位子のサイズに基づいて変化する。赤色の錯体は、黄色の錯体よりも配位子のサイズが大きい。
Type: 写真
2019-04-12
錯体化学・触媒ユニットの博士課程学生であるセバスチャン・ラポインテさんが実験準備。 化学物質を空気から隔離するため、実験はグローブボックス内で行われる。
Type: 写真
2019-04-01
  この度、ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム(HFSP)2019年の助成プログラムの審査結果が公表され、沖縄科学技術大学院大学(OIST)のジェフ・ウィッケンス教授が率いる神経生物学研究ユニットの研究チームが、競争率の高い助成期間3年のプログラム助成金を獲得しました。研究チームは、...
Type: ニュース記事
2019-04-01
沖縄科学技術大学院大学(OIST)神経生物学研究ユニットのジェフ・ウィッケンス教授とポストドクトラルスカラーのジュリ・シュイナール博士。 
Type: 写真
2019-03-22
  世界中の科学者たちは、大きな夢を抱きながら、研究室の中で一歩ずつ着実に研究を始めていきます。研究で大きなアイデアを実現するためには、忍耐、決意、コミットメントが必要です。このような理由から、大学院大学のサイエンスチャレンジ2019は「Think Big, Start Small...
Type: ニュース記事
2019-03-22
サイエンスチャレンジ2019最優秀賞受賞者の中西夢帆さんと森田洋平准副学長。中西さんは、細胞生物学を応用した、倫理的かつ持続可能な培養肉の生産について発表した。
Type: 写真
2019-03-22
サイエンスチャレンジ2019参加者のプレゼンテーション準備をサポートする博士課程学生のトーマス・バーンズさん
Type: 写真
Subscribe to エリカ オバーフェルト