2019-04-12
左側の2つの粉末は、反応前のニッケル(II)分子で、右側の2つは反応後の最終的に生成されたニッケル(I)。 ニッケル(II)分子の色は、単純に配位子のサイズに基づいて変化する。赤色の錯体は、黄色の錯体よりも配位子のサイズが大きい。
Type: 写真
2019-04-12
錯体化学・触媒ユニットの博士課程学生であるセバスチャン・ラポインテさんが実験準備。 化学物質を空気から隔離するため、実験はグローブボックス内で行われる。
Type: 写真
2019-04-01
  この度、ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム(HFSP)2019年の助成プログラムの審査結果が公表され、沖縄科学技術大学院大学(OIST)のジェフ・ウィッケンス教授が率いる神経生物学研究ユニットの研究チームが、競争率の高い助成期間3年のプログラム助成金を獲得しました。研究チームは、...
Type: ニュース記事
2019-04-01
沖縄科学技術大学院大学(OIST)神経生物学研究ユニットのジェフ・ウィッケンス教授とポストドクトラルスカラーのジュリ・シュイナール博士。 
Type: 写真
2019-03-22
  世界中の科学者たちは、大きな夢を抱きながら、研究室の中で一歩ずつ着実に研究を始めていきます。研究で大きなアイデアを実現するためには、忍耐、決意、コミットメントが必要です。このような理由から、大学院大学のサイエンスチャレンジ2019は「Think Big, Start Small...
Type: ニュース記事
2019-03-22
サイエンスチャレンジ2019最優秀賞受賞者の中西夢帆さんと森田洋平准副学長。中西さんは、細胞生物学を応用した、倫理的かつ持続可能な培養肉の生産について発表した。
Type: 写真
2019-03-22
サイエンスチャレンジ2019参加者のプレゼンテーション準備をサポートする博士課程学生のトーマス・バーンズさん
Type: 写真
2019-03-22
リサーチサポートスペシャリストの佐々木敏雄さんが、サイエンスチャレンジ2019の参加者たちにOISTのイメージング・ラボを案内。参加者たちは原子の顕微鏡画像を観察し、研究に使用される顕微鏡を実際に試していた。
Type: 写真
2019-03-22
サイエンスチャレンジ2019参加者たちにキャンパス内を案内するOIST博士課程学生の平良正和さん
Type: 写真
2019-03-11
本イラストでは、渦巻きながら嗅覚野に入っていく匂い分子を点で表現している。嗅覚野は脳の嗅覚一次中枢で、鼻腔の奥に位置する。
Type: 写真
2019-03-11
横から見たマウスの脳の嗅覚系。緑色の部分が嗅球で、嗅覚情報を最初に処理する領域である。脳のこの部位の活動は、矢印が示すように、環境からの刺激と高次脳領域からのフィードバックによって決まる。
Type: 写真
2019-03-11
  匂いの感じ方は、自分では気づいていなくても、脳の絶え間ないチューニングによって常に変化しています。今この瞬間と次の瞬間とでは、脳の匂いに対する分析は異なっているのです。   哺乳類の嗅覚系が匂いを感知する基礎的なメカニズムは、研究で徐々に明らかになってきています。しかし、ある瞬間に感知した匂いは、次の瞬間の匂いにどのような影響を与えているのでしょうか。...
Type: ニュース記事
Subscribe to エリカ オバーフェルト