2019-06-14
OIST博士課程学生のアグニーシュ・バルアさんとアレクサンダー・ミケェエブ准教授は50種以上のヘビのデータを用い、ヘビ毒の進化の歴史の再構築に挑んだ。
Type: 写真
2019-06-14
OIST博士課程学生のアグニーシュ・バルアさんとアレクサンダー・ミケェエブ准教授が作成したデータには、Molecular Biology and Evolution...
Type: 写真
2019-05-29
 関係性というのは複雑です。そこには領域の境界、未知なるもの、そして多くの物理学が関わっています。通常は関係性を考えるとき、物理法則が重要な役割を果たすとは誰も考えませんが、この研究においては重要です。  この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)量子理論ユニットの博士課程の学生、ハン・ヤンさんは、...
Type: ニュース記事
2019-05-29
沖縄科学技術大学院大学(OIST)量子理論ユニットの博士課程学生、ハン・ヤンさんの論文が。研究においてヤンさんは、フラクトンモデルを曲がった空間に置いてみました。この空間ではホログラフィーが重力に対して有効に機能しますが、このホログラフィーの特性が、フラクトンモデルに対しても機能するかどうかを確認したのです...
Type: ビデオ
2019-05-28
ハン・ヤンさんが最近の研究で使った双曲線格子。 各格子は、重力を模倣しながら、集合的に状態を変化させる五角形を示す。
Type: 写真
2019-05-28
沖縄科学技術大学院大学(OIST)量子理論ユニットの博士課程学生、ハン・ヤンさんの論文が、Physical Review Bに掲載された。
Type: 写真
2019-04-26
日本本土に上陸した毒性の強いヒアリのクローズアップ写真。
Type: 写真
2019-04-26
学内複数の部署から「 外来アリ類をモデルとした侵略的外来生物管理体系の構築」プロジェクトに関わるOISTのメンバーたち。写真左から、諏訪部 真友子 リサーチサポートスペシャリスト、小笠原 昌子 リサーチサポートスペシャリスト、吉村 正志 リサーチサポートリーダー、エヴァン・エコノモ 准教授、杉原 忠 外部研究資金申請マネジャー、藤松 佳晃 外部研究資金申請アシスタントマネジャー
Type: 写真
2019-04-25
 この度、琉球大学、京都大学、沖縄科学技術大学院大学、及び国立環境研究所は、ヒアリの防除・根絶・将来の侵入への対策に向け、共同研究プロジェクトを立ち上げることとなりました。  5月15日(水)に、OISTにおいて、プロジェクトメンバーが集まり、一般の方にも御参加いただけるキックオフミーティングを開催します。  2017年の夏、日本国内でヒアリの上陸が初めて確認されました。実は、...
Type: プレスリリース
2019-04-12
セバスチャン・ラポインテさんが、ニッケル(II)の反応を確かめるために用意した溶液。化学反応を起こすための還元剤添加前の写真。 「安定化システムがどのように機能するかを確認するため、錯体に電子を与える分子である還元剤を使用しました。一般的には、反応性のある金属錯体を単離しようとすると、配位子は分解してしまいます。」とセバスチャン・ラポインテさんは説明を続けます。
Type: 写真
2019-04-12
  研究者にとって、筆頭著者として論文を発表することは快挙と言えます。 この度、Organometallics誌において、沖縄科学技術大学(OIST)博士課程学生のセバスチャン・ラポインテさんが、ある論文を筆頭著者として発表しました。...
Type: ニュース記事
2019-04-12
コバルトセン(中央の分子)を還元剤として用い、安定なニッケル(II)錯体(左の分子)を還元し、反応性のあるニッケル(I)錯体(右の分子)を得た。 画像は、セバスチャン・ラポインテさんにより解析された2Dおよび3D分子画像。 化学反応後、臭素原子は折れ曲がった配置をとる。 赤く記されている原子は、分子の形状に影響を与えるメチル基。  
Type: 写真
Subscribe to エリカ オバーフェルト