2020-03-11
細胞を取り囲む細胞膜は選択的障壁として働き、細胞の内容物を包み囲むことで外部環境から保護し、細胞に出入りできる物質を選択する役割を担っています。しかし細胞膜のこの特性が、DNA、タンパク質、薬物などのナノ材料を細胞内に効率よく輸送する技術の開発を阻んできました。 この度、高麗大学校と沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らが共同で、細胞膜を変形させる微小ならせん渦を利用した、...
Type: ニュース記事
2020-01-23
本技術は、数あるOISTによるライセンシング可能なシーズの一例です。ライセンスに関する詳細は以下をご覧ください。...
Type: ニュース記事
2020-01-14
 機械学習は過去数十年間にわたって社会の多くの分野に革命をもたらし、車の運転、腫瘍の特定、チェスなどの多くの場面で、学習した機械が人間を凌駕するケースがでてきています。  沖縄科学技術大学院大学(OIST)とミュンヘン大学、ボルドー大学国立科学研究センターの研究チームは、理論物理学者が考案した複雑な問題をコンピュータが正確に、かつ研究者よりはるかに高速に解決することが可能であることを示しました...
Type: ニュース記事
2020-01-08
 注意欠如多動性障害(ADHD)は多動、不注意、衝動性の行動を特徴とする神経生物学的障害です。ADHDを持つ人に対しては、メチルフェニデートという精神刺激薬がよく処方されています。しかしその薬がどのように作用するかについては完全にはまだ理解できていません。  今回、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らは、ヒトの脳のある領域がメチルフェニデートにどのように反応するかを明らかにしました。...
Type: ニュース記事
2019-12-13
 まるで岩が動いているかのように見える大型の陸ガメ。これまで、スピードにおいても知能においても遅れているとレッテルを貼られてきました。しかし、沖縄科学技術大学院大学(OIST)が新たに発表した研究により、これまで私たちは陸ガメの知能をかなり過小評価していたことがわかりました。  「最初に大型の陸カメが発見されたとき、この動物は知性に欠けると考えられていました。というのも、...
Type: ニュース記事
2019-12-10
 OISTで起業を目指している、インド出身の起業家チーム、EF Polymer が、権威あるグリーンテクノロジーの大会であるクライメート・ローンチパッド...
Type: ニュース記事
2019-11-15
概要   沖縄科学技術大学院大学(OIST)マリンゲノミックスユニットは、沖縄県恩納村漁業協同組合と共同で、沖縄県を代表する食用海藻である海ぶどう(標準和名・クビレズタ)の体における遺伝子の使い分けを網羅的に明らかにすることに成功しました。  海ぶどうは、時には長さ1 mほどにも成長し、果物のブドウによく似た姿をしていますが、実は全体が巨大な単細胞生物です。...
Type: プレスリリース
Subscribe to ダニ・アレンビ