2019-10-30
 注意欠陥・多動性障害(ADHD)は、様々な症状を伴い、その原因も複雑です。メチルフェニデートと呼ばれる精神刺激薬は、ADHD治療薬として一般的に使用されており、脳の報酬系に関与する神経伝達物質であるドーパミンレベルに影響を与えます。しかしメチルフェニデートは服用が乱用される可能性があり、また、治療効果については十分にはわかっていません。  ...
Type: ニュース記事
2019-10-21
 認知科学者は、コンピュータのシミュレーションにより人間の脳内の働きをモデル化していますが、現行のモデルの多くは本質的な部分に誤りが生じがちでした。  このほど、沖縄科学技術大学院大学(OIST)認知脳ロボティクス研究ユニットの研究者らが、...
Type: ニュース記事
2019-10-01
 ミツバチの大量死(蜂群崩壊症候群)は地球環境やグローバル経済、世界の食料安全保障に深刻な影響を与えます。大量死の原因の一つはミツバチに寄生するバロアダニで、体長わずか数ミリのこのダニが、ミツバチのコロニーに潜入しウイルスを媒介します。しかしバロアダニの生態については、これまでほとんどわかっていませんでした。  沖縄科学技術大学院大学(OIST)生態・進化学ユニットの研究者たちは、この度、...
Type: ニュース記事
2019-09-18
    太陽光は、化石燃料に代わる再生可能エネルギーとして有望なエネルギー源です。しかし太陽光を使って発電することは大変複雑なことで、さらに雲の量や、時間の移り変わり、空気中の粉塵など常に変動する要因による影響を受けます。     沖縄科学技術大学院大学(OIST)のマヘッシュ・バンディ准教授は、...
Type: ニュース記事
2019-09-10
      現在、人間の髪の毛の幅よりも小さい装置が、薬物送達、半導体、燃料生産技術などのカギとなりつつあります。ただ、いまのままではこうしたマイクロ・ナノ構造物を作製するためのコストが高く、無駄も生じています。     沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らは、マイクロ構造やナノ構造の作製時に使用可能な、...
Type: ニュース記事
2019-09-06
    量子コンピューティングは、微細粒子の謎めいた特性を利用して複雑な情報を処理します。しかしこの量子システムは脆弱でエラーが発生しやすく、役立つ量子コンピューターはいまだに実現していません。     この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)...
Type: ニュース記事
Subscribe to アンナ アーロンソン