2018-05-10
著者:ステファノ・ズッカ博士(右)、アヤ・ズッカ技術員(左)
Type: 写真
2018-05-10
蛍光イメージングでコリン作動性介在ニューロン(CIN)を緑色に、有棘投射神経細胞(SPN)を赤色に示した線条体の一部
Type: 写真
2018-05-10
  環境からの予期せぬ刺激に対し、臨機応変に行動を変化させることは生存することにおいて不可欠です。状況の変化に応じて今とっている行動を瞬時に停止する反射的な対応力は、例えば迫りくる暴走車に轢かれてしまうか、それを避けられるかを分けるほどの重大な役割があります。沖縄科学技術大学院大学(OIST)の新しい研究ではこのような対応力を調節し得る脳のメカニズムについて詳しく調べました...
Type: ニュース記事
2018-05-02
New developments in solar panels by the Energy Materials and Surface Sciences Unit have been attracting attention in the media. A study led by Prof. Yabing...
Type: メディアリンク
2018-04-24
  本年3月、ハワイのイースト・ウェスト・センターで行われた世界うちなーんちゅビジネスアソシエーション (WUB)主催の第七回ウチナーンチュ・トークストーリー会議で、OISTのピーター・グルース学長が基調講演を行い、OIST は、WUBから 2万5千ドルの寄付をいただきました。これにより、太平洋をまたぐ沖縄とハワイの連携が科学を通じて強化されました。 WUBからの寄付金を、...
Type: ニュース記事
2018-04-24
パネルスピーカー(左から): ケネス・カネシロ博士、 デービッド・ラスナー学長、ハワイ州デービッド・イゲ知事、 ボブ・ナカソネ氏、ピーター・グルース学長、グレン・リー氏
Type: 写真
2018-04-24
第七回ウチナーンチュ・トークストーリー会議にて、ジョン・タサト議長(左)とWUBハワイ支部のジョン・トグチ会長(右)から2万5千ドルの寄付金を受け取るOISTピーター・グルース学長
Type: 写真
2018-04-13
A paper released by OIST's G0 Cell Unit has identified that the common immunosuppressant chemical rapamycin has more potential uses for medicine. The study,...
Type: メディアリンク
2018-04-12
実験室で作業する佐二木健一博士(右)と田原由莉亜技術員
Type: 写真
2018-04-12
ラパマイシン投与後、突然変異体の分裂酵母(左)が正常な細胞(右)に修復した様子が観察できた
Type: 写真
2018-04-12
ラパマイシンがタンパク質キナーゼとTORキナーゼのバランスを保つことで、細胞の成長・分裂が正常に行われる
Type: 写真
2018-04-12
  沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らが、分裂酵母を使った実験から、ある薬剤が人の複数の遺伝子疾患の治療に有効である可能性を明らかにしました。 ...
Type: ニュース記事
Subscribe to アンドリュー・スコット