2018-05-28
  世界のさまざまな地域で発見されたアリ種数(SR-Species Richness種の豊富さ)を示す地図。 赤道周辺の熱帯地域には他の寒冷地よりも多くのアリの種が分布する。赤は生物多様性の高いことを示し、濃い青は低いことを意味する。
Type: 写真
2018-05-18
An OIST project to convert wave energy into electricty has gone been officially launched this week in the Maldives. Professor Tsumoru Shintake, leader of the Quantum Wave Microscopy Unit, and his...
Type: メディアリンク
2018-05-17
  サンゴ礁は危機に瀕しています。海洋汚染、海水温の上昇、海洋酸性化の影響で、世界のサンゴ礁生態系は今まさに減少しており、一部はすでに消滅してしまいました。このような危機的状況の中、沖縄科学技術大学院大学(OIST)と東京大学大気海洋研究所(AORI)のサンゴ研究者たちと沖縄の漁業者は、...
Type: ニュース記事
2018-05-17
座安佑奈博士(右)と論文共同著者の佐藤矩行教授(左)
Type: 写真
2018-05-17
サンゴ養殖場(恩納村前兼久)。金属製の支柱の上でサンゴは成長する。
Type: 写真
2018-05-17
サンゴ養殖場(恩納村恩納)で成長を続けるミドリイシサンゴ
Type: 写真
2018-05-11
OIST's Neurobiology Research Unit (Wickens Unit) has been in the news regarding a new paper published in ...
Type: メディアリンク
2018-05-10
著者:ステファノ・ズッカ博士(右)、アヤ・ズッカ技術員(左)
Type: 写真
2018-05-10
蛍光イメージングでコリン作動性介在ニューロン(CIN)を緑色に、有棘投射神経細胞(SPN)を赤色に示した線条体の一部
Type: 写真
2018-05-10
  環境からの予期せぬ刺激に対し、臨機応変に行動を変化させることは生存することにおいて不可欠です。状況の変化に応じて今とっている行動を瞬時に停止する反射的な対応力は、例えば迫りくる暴走車に轢かれてしまうか、それを避けられるかを分けるほどの重大な役割があります。沖縄科学技術大学院大学(OIST)の新しい研究ではこのような対応力を調節し得る脳のメカニズムについて詳しく調べました...
Type: ニュース記事
2018-05-02
New developments in solar panels by the Energy Materials and Surface Sciences Unit have been attracting attention in the media. A study led by Prof. Yabing...
Type: メディアリンク
2018-04-24
  本年3月、ハワイのイースト・ウェスト・センターで行われた世界うちなーんちゅビジネスアソシエーション (WUB)主催の第七回ウチナーンチュ・トークストーリー会議で、OISTのピーター・グルース学長が基調講演を行い、OIST は、WUBから 2万5千ドルの寄付をいただきました。これにより、太平洋をまたぐ沖縄とハワイの連携が科学を通じて強化されました。 WUBからの寄付金を、...
Type: ニュース記事
Subscribe to アンドリュー・スコット