2018-06-27
異なる粒度の表面輪郭上における噴出物模様を高速撮影した画像
Type: ビデオ
2018-06-27
計算モデルによって作成されたプルキンエ細胞による登上繊維への電位上昇に対する反応(左から右)を示す図。 赤色は、樹状突起の信号伝達の反応の増加または「トゲ状の隆起」を示す
Type: 写真
2018-06-21
2012年に火星の表面に観測された新しい衝突クレーター
Type: 写真
2018-06-21
六角形の規則的なパターンが刻印された粉体面へのボール落下実験の高速写真映像。衝突部分の縁では王冠を彷彿とさせる放射状の噴出線がはっきりと見える
Type: 写真
2018-06-21
 沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究チームは、隕石などの衝突現象を実験により再現することで、惑星や衛星に見られる衝突クレーターの「光条」がどのように形成されるかを明らかにしました。これにより、クレーターを形成した隕石の大きさを計算することができ、太陽系形成論などの諸研究に役立つ可能性があります。本成果は、米国物理学会発行の学術誌...
Type: プレスリリース
2018-06-18
  沖縄科学技術大学院大学(OIST)は、今月...
Type: ニュース記事
2018-06-06
研究に用いた量子スピンアイス候補となる結晶、Pr2Hf2O7
Type: 写真
2018-06-06
OIST量子理論ユニットのニック・シャノン教授とヤン・ハン氏
Type: 写真
2018-06-06
量子スピンアイス上の理論的な中性子散乱を画像化。丸で囲まれている部分は、いわゆるピンチポイントで、中央が狭まった蝶ネクタイのような形をした特徴的な中性子反射の模様。
Type: 写真
2018-06-06
量子スピンアイス上の理論的な中性子散乱を画像化。丸で囲まれている部分は、いわゆるピンチポイントで、中央が狭まった蝶ネクタイのような形をした特徴的な中性子反射の模様。
Type: 写真
2018-06-06
  光とは何でしょう。これは一見、簡単な質問のようですが、何世紀にもわたり偉大な科学者らの心を虜にし続けてきたものです。   この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の科学者らによる共同研究により、磁石の量子特性についての抽象的な理論を、新たな種類の光に関する検証可能な仮説にし、この疑問の探求に新たなひねりが加わることになりました。   1672年にアイザック...
Type: ニュース記事
2018-06-01
図1. セロトニンの待機促進効果は報酬の確率に依存する 報酬が25%の確率でしか獲得できない場合、エサが出ないときのノーズポーク時間はセロトニンを活性化してもしなくても変化しない(左)。報酬が75%の確率で獲得できる場合、エサが出ないときのノーズポーク時間はセロトニンを活性化すると増大する(右)。
Type: 写真
Subscribe to アンドリュー・スコット