2018-07-31
  沖縄科学技術大学院大学(OIST)の銅谷賢治教授は、神経回路分野への生涯を通じた貢献が讃えられ、国際神経回路学会 (INNS) のドナルド・ヘッブ賞を受賞しました。   ドナルド・ヘッブ賞は「...
Type: ニュース記事
2018-07-20
Japanese science and technology news outlet Newswitch has reported on the Innovation Square Startup Accelerator Program today. The I2@OIST program is a new initiative aimed at catalyzing startups in...
Type: メディアリンク
2018-07-11
新たに開発されたWGRによる実験図。実験に使用される粒子(緑色の点)が光の場を通過する際、光の波長を歪めることで、粒子が検出できるしくみとなっている。
Type: 写真
2018-07-11
ジョナサン・ワード博士(左)と論文共著者のフチュアン・レイ博士(右)
Type: 写真
2018-07-11
WGR(ウィスパリング・ギャラリー共振器)の拡大写真。気泡は微小サイズで人の毛髪の幅にも満たない。
Type: 写真
2018-07-11
 この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者が、ガラスの微小気泡を利用して作製した技術により、文字通り光を当てることにより、微小粒子の存在を検出できるようになりました。   本技術は、「ウィスパリング・ギャラリー」として知られている特定な物理現象に由来します。1878年、英国人物理学者のレイリー卿(ジョン・ウィリアム・ストラット)が、...
Type: ニュース記事
2018-07-10
OIST's G0 Cell Unit is in the news as a new paper has been released in Proceedings for the National Academy of Sciences (...
Type: メディアリンク
2018-07-03
これまで想定されていたリング状タンパク質複合体のコヒーシンの図。左に描かれたハサミは、コヒーシンに結合したDNAを解離させるため、コヒーシンの一部を切断するCut1酵素の作用を表している。
Type: 写真
2018-07-03
上図は、コヒーシンタンパク質の構造の2つのモデルを比較している。左のリングモデルが、分子の両端に「ヘッド」及び「ヒンジ」を有する一方、「ホールド&リリースモデル」は、これら二つの領域が隣同士にあり、あたかもペンチでDNAを挟み込んでいるかのような可能性を示唆している。
Type: 写真
2018-07-03
写真左から:瀬良垣香織さん(コヒーシンモデルのイラストを作成、OISTメディアセクション)、中沢宜彦博士、リー・ワンさん(G0細胞ユニットの技術アシスタント)、シェ・シンシャ博士。
Type: 写真
2018-07-03
  細胞分裂は、生物の営みの基本をなす過程の1つです。細胞分裂のおかげですべての生物が成長したり、増殖したり、複雑な構造を形成することが可能となります。しかし現在に至っても、その詳細なプロセスや分子メカニズムは理解されていません。   細胞分裂が起きる前、染色体は2つに複製されます。姉妹染色分体と呼ばれるこの複製された染色体は、細胞中央に整列してから両端方向に分離し、...
Type: ニュース記事
2018-06-28
A paper published in Physical Review Letters is making a cosmic splash in the press. The study,...
Type: メディアリンク
Subscribe to アンドリュー・スコット