2018-08-24
 沖縄科学技術大学院大学(OIST)マリンゲノミックスユニットの中島啓介研究員らは、哺乳類の腸管表面の粘液層※1に定住する腸内細菌※2が、「キチン」という多糖の一種を主要素としたバリア免疫機構を失うことと引換えに成立したこと、そして、...
Type: プレスリリース
2018-08-24
写真左から:菊池さくら技術員、中島啓介研究員、佐藤矩行教授
Type: 写真
2018-08-16
A multidisciplinary study conducted by the Micro/Bio/Nanofluidics Unit with assistance from the...
Type: メディアリンク
2018-08-15
細菌が増殖するとキノコ型ナノ構造が吸収する光の波長が変化するため,センサー基板からの光応答を測定することで細菌試験を行うことができます。
Type: 写真
2018-08-15
キノコ型ナノ構造の持つ局在表面プラズモン共鳴の特性を調べる様子  
Type: 写真
2018-08-15
バイオフィルムに立ち向かうため各自の多様な専門性を出し合う研究チーム.写真左からチュウ カン ユ技術員,フナリ リカルド博士, バーラ ニキル博士。
Type: 写真
2018-08-15
  果てしなく続いてきた人類と細菌との戦いの中で、薬剤研究に役立つ道具を開発することは重要であり、これらの道具によって人類はこの戦いを優位に進めてきました。   近年では、細菌が持つ抗生物質へ薬剤耐性が重大な危機につながる問題として注目されています。その理由は、細菌が薬剤耐性を持つと従来の細菌対策の有効性が失われ、...
Type: ニュース記事
2018-08-10
A new paper from OIST's Computational Neuroscience Unit has been published in...
Type: メディアリンク
2018-08-08
  科学には占いなどに見られる「魔法の水晶玉」のような便利な物はありません。予知や予測は、研究者が実験から集めたデータをすべて詳細に観察することで行われます。 ところが神経生物学の分野では、指の単純な動きから深い哲学的な思索までを制御する神経細胞が観察対象となるため、正確に測定するのが困難です。   そこで登場するのが、シミュレーションモデルです。...
Type: ニュース記事
2018-08-07
論文著者のエリック・デシュッター教授(左)とユンリャン・ザン博士
Type: 写真
2018-07-31
国際神経回路学会(INNS)からドナルド・ヘッブ賞を受賞
Type: 写真
2018-07-31
生物の学習に関する卓越した業績によりドナルド・ヘッブ賞を受賞した銅谷教授
Type: 写真
Subscribe to アンドリュー・スコット